アマゾンプライムがクラシック音楽好きにオススメの理由

アマゾンプライムと言えば、『配送無料特典や、お急ぎ便・お届け日時指定便が無料』などが挙げられると思います。

しかし、それだけでなく音楽も追加料金なしで豊富に揃っています。
クラシック音楽に限って言えば、有名曲はほとんど入っているのではないでしょうか。

またプライムビデオを見てみると、クラシックの動画が高画質高音質で聴けます。
こちらもクラシックコンサートからオペラまであります。

正直インターネットが繋がっているのであれば、音楽好きであれば入らない手はないと思います。
さらにはダウンロードをしておいて、スマホなどでオフラインモードで楽しむこともできます。
個人的に年会費3,900円(税込)の価値は十分にあると思います。

情報は記事掲載時のものです。
スポンサーリンク
スポンサードリンク

PrimeMusicで聴けるクラシック音楽の一例

膨大な曲数があり、作品を挙げるときりがありませんので、ほんの一部分だけを紹介します。
欠点を上げるとすれば、格安なだけあって録音は古いものが多いです。
しかし、まずは追加料金ナシのPrimeMusicで充分だと思います。

Amazon Music Unlimitedに登録すれば新しい録音も聞けます

交響曲など

カラヤン:36作品。ベートーヴェン交響曲全集、ブラームス交響曲全集、チャイコフスキー交響曲全集、ブルックナー交響曲全集、カラヤンBest100、ヴェルディ「レクイエム」など
モーツァルト交響曲全集(ウィーン・フィル、ジェイムズ・レヴァイン)
マーラー交響曲全集(クラウディオ・アバド)

オケ・指揮者を選ばなければ、有名作品はほぼ網羅していると思います。

ピアノ

マルタ・アルゲリッチ:8作品。アルゲリッチコレクション1(8枚組)2(7枚組)3(6枚組)など。
ダニエル・バレンボイム:7作品。Schubert: Piano Sonatas(5枚組、ピアノ)、ベートーヴェン・ベスト~ピアノ・ソナタ全集(10枚組)など
エフゲニー・キーシン:10作品
マウリツィオ・ポリーニ:15作品。協奏曲集(8枚組)、ショパン(9枚組)
モーツァルト「ピアノソナタ全集」(マリア・ジョアン・ピリス)
ベートーヴェン「ピアノ協奏曲全集」(アルフレッド・ブレンデル、ウィーン・フィル、サイモン・ラトル)

その他

101 Pavarotti(3大テノールの一人パヴァロッティの歌を101曲収録)
ヨナス・カウフマン「冬の旅(シューベルト)」
フィッシャー=ディースカウ「Schubert: Lieder(21枚組)」

オペラ・声楽の録音も、お気に入りの歌手・オケなどのこだわりがなければ、かなり豊富に揃っています。

Amazonプライムの詳細はこちら

プライムビデオで鑑賞できるクラシック音楽の一例

オペラはやはり映像付きで観たいものです。
「プライムビデオ」と言えば映画やテレビ番組ですが、オペラ好きな方こそ「プライムビデオ」を検討する価値があると思います。
近年録音されたオペラが、高画質高音質で楽しめます。

唯一の欠点は字幕がないことです。

もちろんオペラだけでなく、コンサート映像もあります。

残念ながら2018年11月現在、観ることのできないクラシック動画が増えているようです。
下記表示作品も観られなくなっているのが多くあり、随時確認が必要です。

オペラ作品

モーツァルト:コジ・ファン・トゥッテ、ドン・ジョヴァンニ
ロッシーニ:セビリアの理髪師、チェネレントラ
ドニゼッティ:愛の妙薬
ヴェルディ:アイーダ、椿姫、リゴレット、オテロ
ワーグナー:ラインの黄金、ワルキューレ、トリスタンとイゾルデ、ジークフリート
プッチーニ:ボエーム、西部の娘
など

クラシック作品

ベルリンフィル:ドヴォルザーク交響曲第9番、ベートーヴェン(交響曲1.2.3.4.7番、第九、合唱幻想曲)、モーツァルト(ピアノ協奏曲第20番、レクイエム)、ブラームス(交響曲第1番、ピアノ協奏曲第1番)
ショパン:ピアノ協奏曲2.3番
チャイコフスキー:交響曲2.4.5番、ピアノ協奏曲第1番、ヴァイオリン協奏曲
ドヴォルザーク:交響曲第9番(新世界から)
マーラー:交響曲1.2.3.5.6.7番
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

リサイタル:グリゴリー・ソコロフ(ピアニスト)、ニコライ・ルガンスキー(ピアニスト)フィリップ・ジャルスキー(カウンターテナー)、ブリン・ターフェル(バス・バリトン歌手)レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリニスト)、

など

Amazonプライムの詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク