Le violette(菫・すみれ)の解説(歌詞・対訳)

「Le violette(菫・すみれ)」はオペラ「Il Pirro e Demetrio(ピッロとデメートリオ)」の中でのマーリオのアリアで、アレッサンドロ・スカルラッティ(Alessandro Scarlatti, 1660年~1725年)によって作曲されました。
アレッサンドロ・スカルラッティは、イタリア出身のバロック時代を代表する作曲家で、オペラにおけるナポリ楽派の始祖と考えられています。
「Sento nel core」「O cessate di piagarmi」「Già il sole dal Gange」「Se tu della mia morte」などクラシックファンなら知っているであろう、今でも良く知られている多くの曲を作曲しています。

ここでは「Le violette(菫・すみれ)」の対訳や解説を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
多少不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Le violette(菫・すみれ)の名演

ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日 – 2007年9月6日)
イタリアのオペラ歌手

Le violette(菫・すみれ)の歌詞1

Rugiadose,odorose
violette graziose,
voi vi state vergognose,
mezzo ascose―fra le foglie
e sgridate le mie voglie
che son tropp’ambiziose!

Le violette(菫・すみれ)の対訳1

露に濡れて 匂いの良い
優美なスミレ
あなたたちは恥ずかしがりながら
葉の間に半分隠れて
私の欲求をとがめている
あまりにも野心的である(※関係代名詞cheによりvoglieにかかる)

単語の意味

イタリア語 意味
rugiadoso 露に濡れた・水のしたたるような
odoroso 芳香を放つ・匂いの良い
violetta ニオイスミレ
grazioso 優美な・優しい
stare いる・ある・滞在する
vergognoso 恥ずかしがった・内気な・恥ずべき
mezzo 半分の・中間の・不完全の
ascondere =nascondere/隠す・隠れる
fra 間に・間で
foglia
e そして
sgridare 大声でしかる・グダグダと小言を言う・とがめる
mie 私の
voglia 欲求
che 関係代名詞
sono →essere(英語:be)
troppo あまりにも・非常に
ambizioso 野心的な

Le violette(菫・すみれ)の音源CD


日本を代表するテノール歌手である望月哲也さんによるイタリア古典歌曲集です。
全部で17曲のイタリア古典歌曲が収録されています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク