Nel cor pìù non mi sento(もはや私の心には感じない)の歌詞・対訳・無料楽譜

「Nel cor pìù non mi sento(もはや私の心には感じない)」は、ジョヴァンニ・パイジエッロ(Giovanni Paisiello)が作曲し1789年に上演されたオペラ「La Molinara(美しい水車小屋の娘)」の中で歌われるアリアです。
ベートーヴェンやパガニーニは、この曲を主題に変奏曲も作曲しています。

ジョヴァンニ・パイジエッロは18世紀後半のイタリアのオペラ作曲家で、「Il Barbiere di Siviglia(セヴィリアの理髪師)」を作曲したことでも知られています。
この作品は傑作として評価されましたが、パイジエッロと同じ台本で、ロッシーニが「Il Barbiere di Siviglia(セヴィリアの理髪師)」を作曲したために、忘れ去られてしまいました。

ここでは「Nel cor pìù non mi sento(もはや私の心には感じない)」の対訳や解説を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
多少不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Nel cor pìù non mi sento(もはや私の心には感じない)の名演

ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日 – 2007年9月6日)
イタリアのオペラ歌手

無料楽譜

声楽を学ぶ方ならば、ほとんどの方がイタリア古典歌曲を歌った経験があると思います。 ここでは、IMSLPのイタリア古典歌曲集(無料楽譜)を紹介...

上記ページからダウンロードできます。
【Vol.1】の27曲目です。

Nel cor pìù non mi sento(もはや私の心には感じない)の歌詞1

Nel cor più non mi sento
brillar la gioventù;
cagion del mio tormento,
amor, sei colpa tu,

Nel cor pìù non mi sento(もはや私の心には感じない)の対訳1

心に 私はこれ以上感じない
青春が輝くのを
私の苦しみの原因は
愛だ あなたは罪なのだ

単語の意味

イタリア語 意味
nel in+il
cor =cuore心・心臓
pìù もっと多く
sentirsi 感じる
brillare 輝く
gioventù 青春・若々しさ
cagione 原因
mio 私の
tormento 苦しみ
amore
colpa 罪・過ち・過失
sei =essere(英語:be)

Nel cor pìù non mi sento(もはや私の心には感じない)の歌詞2

Mi pizzichi, mi stuzzichi,
mi pungichi, mi mastichi,
che cosa è qesto ahimè?
pietà, pietà, pietà!
amore è un certo che,
che disperar mi fa!

Nel cor pìù non mi sento(もはや私の心には感じない)の対訳2

私をつねり、私をつつき
私を刺し、私を噛む
ああ これは何だ
どうか どうか どうか
愛は私を絶望させる何ものかだ!

単語の意味

イタリア語 意味
mi 私を
pizzicare つねる
stuzzicare つつく
masticare かみ砕く
che cosa 何が・何を
questo この
ahimè ああひどい
pietà 哀れみ・どうか
un certo che ある何か
disperare 絶望する
fare する・~させる

Nel cor pìù non mi sento(もはや私の心には感じない)のオススメ名盤


イタリア人のメゾ・ソプラノ歌手であるチェチーリア・バルトリのイタリア古典歌曲集です。
21曲収録されており、良く知られているイタリア古典歌曲集の多くが含まれています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

関連記事とスポンサーリンク