歌詞対訳(目次)

イタリア古典歌曲

イタリア古典歌曲は、★以外の曲はすべて無料楽譜も紹介しています。

Amarilli(アマリッリ)
Caro laccio(いとしい絆よ)
Caro mio ben(カーロ ミオ ベン)
Danza, fanciulla gentile(踊れ、優しい娘よ)
Già il sole dal Gange(陽はすでにガンジス川から)
Intorno all´idol mio(私の偶像である人の回りに)
Lascia ch’io pianga(私を泣かせてください)
Lasciar d’amarti(あなたへの愛を捨てることは)
Lasciatemi morire!(私を死なせて)
Le violette(菫・すみれ)
Nel cor pìù non mi sento(もはや私の心には感じない)
Nina(ニーナ)
O cessate di piagarmi(私を傷つけるのをやめるか)
O del mio dolce ardor(ああ私のやさしい熱情が)
Ombra mai fù(オンブラマイフ)
Per la gloria d’adorarvi(お前を讃える栄光のために)
Se Florindo è fedele(フロリンドが誠実なら)
Se tu della mia morte(貴女が私の死の栄光を)
Se tu m’ami(もし貴方が私を愛してくれて)
Sebben crudele(たとえつれなくとも)
Sento nel core(私は心に感じる)
Star vicino(側にいることは)
Vergin, tutto amor(愛に満ちた処女よ)
Vittoria, mio core!(勝利だ、私の心よ)

歌曲

イタリア語

Il bacio(口づけ) アルディーティ
Non ti scordar di me(勿忘草)
Occhi di fata(妖精の瞳) デンツァ
フニクリ・フニクラ(Funiculì funiculà) デンツァ
Musica proibita(禁じられた歌) ガスタルドン
Nostalgia(郷愁) チマーラ
O sole mio(オー・ソレ・ミオ) ディ・カプア
Il poveretto(哀れな男) ヴェルディ
Mattinata(マッティナータ) レオンカヴァッロ
Sotto il ciel(空の下) ザンドナーイ

ロッシーニ(1792-1868)
音楽の夜会
1.La promessa(約束)
2.Il rimprovero(非難)
3.La Partenza(別れ)
4.L’orgia(饗宴)

ベッリーニ(1801-1835)
Dolente immagine di Fille mia(フィッリデの悲しげな姿よ)
La ricordanza(追憶)
Ma rendi pur contento(喜ばせてあげて)
Malinconia, Ninfa gentile(マリンコニーア)
Per pietà, bell’idol mio(私の偶像よ)
Vaga luna, che inargenti(優雅な月よ)
Vanne, o rosa forutunata(お行き、幸運なバラよ)

トスティ(1846-1916)
Ancora !(もう一度!)
Aprile(四月)
Ideale(理想の女)
Il pescatore canta!…(漁夫は歌う)
Invano !(虚しく!)
La Serenata(セレナータ)
L’ultima canzone(最後の歌)
L’ultimo bacio(最後の口づけ)
Lungi(遙かに)
Malia(魅惑)
Nella notte d’april(四月の夜に)
Non t’amo più !(君なんかもう愛していない!)
Preghiera(祈り)
Primavera(春)
Rosa(薔薇)
Segreto(秘密)
Sogno(夢)
Tristezza(悲しみ)
Vorrei(そうなってほしい)
Vorrei morire!(私は死にたい!)

プッチーニ(1858-1924)
E l’uccellino(そして小鳥は)
Sole e amore(太陽と愛)
Terra e mare(大地と海)

マスカーニ(1863-1945)
Ave Maria(アヴェ・マリア)
La luna(月)
M’ama,non m’ama(愛してる、愛していない)
Serenata(セレナータ)

ヴォルフ=フェラーリ(1876-1948)
Op.11 Quattro rispetti(四つのリスペット)
1.Un verde praticello(緑の草原)
2.Jo dei saluti ve ne mando mille(たくさんの挨拶)
3.E tanto c’è pericol ch’io ti lasci(あなたを捨てるなんて)
4.O sì che non sapevo sospirare(溜息を知らなかった)

ドナウディ(1879-1925)
O del mio amato ben(ああ愛する人の)
Quando ti rivedrò(いつかまた君に逢えるだろうか)
Spirate pur,spirate(どうか吹いておくれ)
Vaghissima sembianza(かぎりなく優雅な絵姿)

ドイツ語

Wiegenlied(子守歌) ブラームス

モーツァルト(1756-1791)
An Chloe(クローエに)
Das Veilchen(すみれ)
Wiegenlied(モーツァルトの子守歌)(フリース作曲)

ベートーヴェン(1770-1827)
Ich liebe dich(きみを愛す)
Andenken(追憶)

シューベルト(1797-1828)
Gretchen am Spinnrade(糸をつむぐグレートヒェン) 1814
Erlkönig(魔王) 1815
Heidenröslein(野ばら) 1815
Das Rosenband (ばらの絆) 1815
Wiegenlied(シューベルトの子守歌) 1816
Der Tod und das Mädchen(死と乙女) 1817
An die Musik(音楽に寄せて) 1817
Die Forelle(ます/鱒) 1817
Frühlingsglaube(春の信仰) 1820
Geheimes (ひめごと) 1821
Nacht und Träume(夜と夢) 1823
Lachen und Weinen(笑いと涙) 1823
Ave Maria(アヴェマリア) 1825
An Silvia(シルヴィアに) 1826
Lied der Mignon(ミニヨンの歌) 1826
Der Lindenbaum(菩提樹) 「冬の旅」より
Ständchen(シューベルトのセレナーデ) 「白鳥の歌」より

シューマン(1810-1856)
Op.25 ミルテの花
1.Widmung (献呈)
3.Der Nußbaum(くるみの木)
7.Die Lotosblume(はすの花)
9.Lied der Suleika(ズライカの歌)
11.Lied der Braut No.1(花嫁の歌1)
24.Du bist wie eine Blume(きみは花のように)
Op.42 女の愛と生涯
1.Seit ich ihn gesehen
2.Er,der Herrlichste von allen
3.Ich kann’s nicht fassen,nicht glauben
4.Du Ring an meinem Finger
5.Helft mir,ihr Schwestern
6.Süßer Freund,du blickest
7.An meinem Herzen,an meiner Brust
8.Nun hast du mir den ersten Schmerz getan
Op.48 詩人の恋(Dichterliebe)
1.Im wunderschönen Monat Mai
2.Aus meinen Tränen sprießen
3.Der Rose, die Lilie, die Taube, die Sonne
4.Wenn ich in deine Augen seh’

R.シュトラウス(1864-1949)
Op.10 最後の木の葉(Letzte Blätter)による8つの歌曲
1.Zueignung(献呈)
8.Allerseelen(万霊節)
Op.27 4つの歌
2.Cäcilie(ツェツィーリエ)

オペラ・アリア

ソプラノ

Nun eilt herbei ニコライ「ウィンザーの陽気な女房たち」
Casta Diva ベッリーニ「ノルマ」
Prendi per me sei libero ドニゼッティ「愛の妙薬」
Quel guardo il cavaliere ドニゼッティ「ドン・パスクワーレ」
Je dis que rien …(ミカエラのアリア) ビゼー「カルメン」
Mein Herr Marquis(私の侯爵様) ヨハン・シュトラウス2世「こうもり」

モーツァルト(1756-1791)
「フィガロの結婚」
Porgi amor qualche ristoro 伯爵夫人
E Susanna non vien! Sono ansiosa 伯爵夫人
Dove sono i bei momenti 伯爵夫人
Venite inginocchiatevi スザンナ
Giunse alfin il momento スザンナ
Deh vieni non tardar, oh gioia bella スザンナ
「ドン・ジョバンニ」
Ah chi mi dice mai エルヴィーラ
Ah fuggi il traditor エルヴィーラ
Mi tradì quell’alma ingrata エルヴィーラ
Batti,batti,o bel Masetto ツェルリーナ
Vedrai, carino ツェルリーナ
Non mi dir, bell’idol mio アンナ
「コジ・ファン・トゥッテ」
Come scoglio immoto resta フィオルディリージ
Per pietà, ben mio, perdona フィオルディリージ
Una donna a quindici anni デスピーナ
「魔笛」
Der Hölle Rache…(夜の女王のアリア) 「魔笛」
Ach, ich fühl’s, es ist verschwunden 「魔笛」

ヴェルディ(1813-1901)
Caro nome che il mio cor 「リゴレット」
D’amor sull’ali rosee (恋はばら色の翼に乗って) 「トロヴァトーレ」
E strano!..Ah,fors’e lui..Sempre libera(ああ,そはかの人か) 「椿姫」
Ritorna vincitor!(勝ちて帰れ) 「アイーダ」

プッチーニ(1858-1924)
Mi chiamano Mimì(私の名はミミ) 「ボエーム」
Quando me’n vò(私が街をあるけば) 「ボエーム」
Donde lieta uscì al tuo grido d’amore 「ボエーム」
Vissi d’arte, vissi d’amore(歌に生き、愛に生き) 「トスカ」
Un bel dì,vedremo(ある晴れた日に) 「蝶々夫人」
Signore, ascolta!(お聞き下さい、王子様) 「トゥーランドット」
Tu che di gel sei cinta(氷のような姫君も) 「トゥーランドット」

メゾソプラノ/アルト

una voce poco fa(今の歌声は) ロッシーニ「セビリアの理髪師」
Habanera(ハバネラ) ビゼー「カルメン」

モーツァルト(1756-1791)
Non so piu cosa son, cosa faccio 「フィガロの結婚」
Voi che sapete che cosa è amor 「フィガロの結婚」

テノール

A te, o cara ベッリーニ「清教徒」
M’apparì tutt’amor フロトー「マルタ」
Amor ti vieta ジョルダーノ「フェドーラ」
Il lamento di Federico(フェデリコの嘆き) チレア「アルルの女」
Dein ist mein ganzes Herz(君こそ我が心のすべて) レハール「微笑みの国」

モーツァルト(1756-1791)
Hier soll ich dich dann sehen 「後宮からの逃走」
Konstanze,dich wiederzusehen!…O wie ängstlich,o wie feurig! 「後宮からの逃走」
Un’aura amorosa(愛の息吹き) 「コジ・ファン・トゥッテ」
Dalla sua pace 「ドン・ジョバンニ」
Il mio tesoro intanto 「ドン・ジョバンニ」
Dies Bildnis ist bezaubernd schön 「魔笛」
Wie stark ist nicht dein Zauberton 「魔笛」

ドニゼッティ(1797-1848)
Quanto è bella 「愛の妙薬」
Una furtiva lagrima(人知れぬ涙) 「愛の妙薬」
Sogno soave e casto 「ドン・パスクワーレ」
Povero Ernesto/Cercherò lontana terra 「ドン・パスクワーレ」
Com’è gentil 「ドン・パスクワーレ」

ヴェルディ(1813-1901)
Questa o quella(あれかこれか) 「リゴレット」
Parmi veder le lagrime 「リゴレット」
La donna è mobile(女心の歌) 「リゴレット」
Di quella pira l’orrendo foco 「トロヴァトーレ」
De’miei bollenti spiriti(燃える心を) 「椿姫」
Celeste Aida(清きアイーダ) 「アイーダ」
Dal labbro il canto estasiato vola 「ファルスタッフ」

レオンカヴァッロ(1857-1919)
Vesti la giubba(衣装をつけろ) 「道化師」
O Colombina 「道化師」

プッチーニ(1858-1924)
Donna non vidi mai 「マノン・レスコー」
Che gelida manina(冷たき手を) 「ボエーム」
Recondita armonia(妙なる調和) 「トスカ」
E lucevan le stelle(星は光りぬ) 「トスカ」
Addio, fiorito asil(さらば愛の家) 「蝶々夫人」
Ch’ella mi creda 「西部の娘」
Non piangere,Liù!(泣くな、リューよ) 「トゥーランドット」
Nessun dorma(誰も寝てはならぬ) 「トゥーランドット」

バリトン/バス

Largo al factotum(私は町の何でも屋) ロッシーニ「セビリアの理髪師」
La calunnia è un venticello(陰口はそよ風のように) ロッシーニ「セビリアの理髪師」
Votre toast(闘牛士の歌) ビゼー「カルメン」

モーツァルト(1756-1791)
Solche hergelaufne Laffen 「後宮からの逃走」
「フィガロの結婚」
Non più andrai, farfallone amoroso フィガロ
Hai già vinta la causa! Cosa sento! 伯爵
Vedrò mentre io sospiro 伯爵
「ドン・ジョヴァンニ」
Madamina, il catalogo è questo(カタログの歌) レポレッロ
Deh, vieni alla finestra ドン・ジョヴァンニ
Fin ch’han dal vino(シャンパンの歌) ドン・ジョヴァンニ
「魔笛」
Der Vogelfänger bin ich ja パパゲーノ
Ein Mädchen oder Weibchen パパゲーノ
O Isis und Osiris ザラストロ
In diesen heil’gen Hallen ザラストロ

ヴェルディ(1813-1901)
Cortigiani, vil razza dannata(悪魔め、鬼め) 「リゴレット」
Il balen del suo sorriso 「トロヴァトーレ」
Di Provenza il mar, il suol(プロヴァンスの海と陸) 「椿姫」
Eri tu che macchiavi quell’anima 「仮面舞踏会」

合唱

Ave verum corpus モーツァルト
第九(合唱) ベートーヴェン
行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って(Va’ pensiero) ヴェルディ「ナブッコ」
凱旋行進曲(アイーダ) ヴェルディ
美しく青きドナウ ヨハン・シュトラウス2世
婚礼の合唱(結婚行進曲) ワーグナー『ローエングリン』
フィンランディア シベリウス
流浪の民(Zigeunerleben) シューマン
狩人の合唱 ウェーバー『魔弾の射手』

世界の国歌

オーストリア
カナダ
フランス

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする