「G」「M」はミックスボイスに適した子音

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミックスボイスにはGまたはM

ミックスボイスの開発・強化に適した子音には「GorM」が挙げられます。

ですが、人によって子音の発声の癖などもありますので、万能ではりません。
特に子音を力んで発音する癖のある人は、逆効果の場合もありますので注意が必要です。

GとM

GとMは息が一度止まる

では、なぜGorMが適しているのか?

それは、GとMが「息が止まる状態からスタートする」ことにあります。
ミックスボイスへの「適切な息の量や筋肉の調節」がしやすいのです。

Gでは喉の部分で息を止めています。
Mでは唇で息を止めています。
発声を一度リセットして、作り直した状態からスタートできるわけです。

Gは口の中の形をあまり変えずに発音ができる。

またGとMの口の中を考えてみると

Gでは子音から母音に移動するとき「口の中の形をあまり変えずに」発音することが可能です。

一方Mでは、子音から母音への移動の際に「唇を開けるため口の中の形が変わって」しまいます。

このため、GとMを比較すると「Gが一番適している場合」がよく当てはまります。

ただしMは、響きを適切な場所に入れやすいというメリットがあります。
Gは響きを作れませんが、MはM自体の音を伸ばすことができ鼻腔に響きを集めることができます。
Mが得意な方は、是非Mでアプローチをしてみてください。

Gの発語は注意も必要

Gは声帯のくっつきやすい母音ですので、ミックスボイスを出しやすくなります。
一方で、声帯に負担のあるような無理な発声になる可能性もあります。
十分に気をつけて練習してください。

Gの子音は理論上は喉で作られます。
しかし喉で作りすぎてしまうと、喉を締め付けてしまう結果となります。
あくまでイメージの話ですが、母音を感じるその上でGを発音してください。
例えば母音を軟口蓋に感じるのでしたら、Gは軟口蓋のその部分の少し上で発語します。
理屈としてはとんでもなく間違っていますが、発声として上手くいくケースがありますので試してみてください。

※喉頭に違和感を感じながら歌っている方にとっては、Gは反対に不適切な子音かもしれません。

無声子音でアプローチもOK

最初にお話ししたように子音の得意・不得意には個人差があります。
なかにはG・Mが苦手なかもいるはずです。

そのような方で無声子音なら力まず出せるという方は、K・Tなどで試してみるのも一つの手です。
K・Tを効率的に軽やかに発音できる方は、母音のみでの発声より楽に声が出るかもしれません。
K・Tのエネルギーを利用して高音へ移行してください。

「エネルギーを使う」=「力む」ではありません。
あくまでリラックスした中で効率的な発声を心がけてください。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※例外的に出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

banner1

banner2

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク