ボイトレですぐに疲れます。何分間練習をしてもいいですか?

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

疲れたらボイトレはストップ!

この質問はボイストレーニングにおいてよくある質問です。
結論から言うと「疲れたら練習はストップ」しましょう。

「どの練習を何分何セット」などは個人差がありますので一概には言えません。

共通していることは、
・声が疲れて思うようにでなくなったり
・喉に違和感を感じたら
練習はやめるべきだと言うことです。

howlong

最初は負担がかかる発声になってしまいます。

発声のテクニックが未熟な場合は、負担のかかる発声をしています。
それは仕方のないことです。

自宅ではコンディションを壊さない程度に、ボイストレーニングをしてください。
しばらく練習をして調子の上がらない日は、はじめのうちは練習をやめてもいいでしょう。

ボイストレーニングで経験を積んでくると、コンディションの戻し方も少しずつ覚えてくるも思います。

歌う筋肉の発達には、ある程度の時間はかかりますので「焦らずじっくりと」ボイトレしていきましょう。

喉はボイトレで強くなります。

反対に歌う筋肉がある程度発達し歌い方も覚えてくると、「多少長い間歌い続けてもそれに耐えられる」喉ができてきます。

その日は喉がクタクタになったとしても、よく睡眠を取れば次の日には回復している状態になってきます。

声は鍛えることが可能です。

「私は生まれつき喉が弱いんだ」などと悲観することはありません。
継続してボイストレーニングをおこなっていけば、次第に喉は強くなってきます。

それまでは、辛抱強く無理をせずボイストレーニングをおこなって下さい。
「疲れたら休む」これは鉄則です。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※例外的に出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

レッスンのご案内

ボイトレお問い合わせ

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする