音程が低いとよく言われます。なぜでしょう?

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

音程は正しくとれるようになる。

ボイストレーニングのときにボイストレーナーから、またはカラオケのときに友人から
「音程が低いよ。」
と言われた経験がある方は多いと思います。

自分では正しく歌ってるつもりでも
「音程が低い」
と言われた方も多いでしょう。

これには原因があります。
ボイストレーニングをすることで多くの人が音程を正しくとれるようになります。

「自分の録音した声」
あるいは
「他人の歌っている声」
を聞いて音程のズレがわかるならば、音程は矯正することはできます。

low

音程がわからない場合は楽器等で感覚をきたえましょう。

もし音程のズレがわからないのであれば、原因はもっと大きなものです。
ボイストレーニングで矯正することは、なかなかできません。

「楽器を練習する。」
「聴音(音程を聞き取る練習)を継続しておこなう。」
などをする必要がありますが、ある程度の時間はかかるでしょう。

音程を把握できるようになるのは、時間がかかります。

最も可能性が高い原因は力み

では、音程の違いがわかるのに音程が下がってしまう歌手の場合はどうでしょう。
最もよくある原因は「力み」です。

「必要以上の筋肉を歌で使っている」ため声帯が厚く反応しすぎてしまいます。

そのため適切な音程より、少し低くなってしまうのです。

いわゆる「喉声」の人に多く見られます。

喉により負担のかからないような効率的な発声ができるようになれば、音程のズレも解消されるはずです。
今までと音感はかわらないのに、いつの間にか正しい音程で出せるようになるはずです。

多くの人にとって、この原因を取り除くことは時間がかかる作業です。
「力む」歌い方が癖となっている場合は、なおさらです。

無理やり力を入れて、正しい音程に合わせることも可能です。
しかし、長期的視点からみて発声を根本から変えていくことをおすすめします。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※例外的に出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

banner1

banner2

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク