ミックスボイスでは「子音の発音」に注意が必要です。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

子音はミックスボイスの発声に影響を与える

ミックスボイスを出す際に「子音がミックスボイスの発声を妨げてしまう」場合があります。
一方、「正しく子音を使うと」ミックスボイスの発声を助けてくれます。

子音の発音は発声に大きく影響を与えるので、十分に注意が必要です。

ミックスボイスでの子音

まずはミックスボイスに関係なく、すべての発声おいて基本的なことを書こうと思います。
子音は舌・顎・唇など様々な場所の筋肉を使います。
しかしその多くは母音の発音には必要のない筋肉です。

母音を発音するときには、母音に必要のない筋肉はすべてリセットしてください。
そしてフラットな状態で母音を発音させてください。
子音が母音に悪影響を与えないようにすることは、とても大切なことです。

最終的には子音を利用して母音をより楽に発音できるようにしたいですね。

母音のみと子音+母音の発声を比べてみる

発声で
母音でミックスボイスを発声した後に、
子音(b.c.d.g.k.lなどたくさんありますね。)を付けて同じ母音で発声してみて下さい。
ex)ア→カ、サ、タ、ナ...

もし、母音に比べ子音の場合の方が
・息漏れが多い
・力強さが感じられない
・力んでしまう
などが感じられれば
それは子音にエネルギーをかけすぎている可能性があります。

子音は軽く軽快にはっきりと発音する

子音が重たいと、声帯の振動体の削減を妨げます。

また子音の発音の際に、「首周り」や「あごの下の筋肉」(アウターマッスル)を使っている場合も要注意です。

別の項でも説明しましたが、子音は母音を感じるその上で発語すべきです。

高音になればなるほど声の響く場所は上のほうに感じるようになりますね。
母音と同様に子音も高音になればばるほど、より上の部分で発語してください。
これはあくまでイメージの話です。
そのことによって子音の力みが解消されることがあります。

母音も喉から理論的には生まれていますが、感じる場所は喉ではなく音程により変わりますね。
子音もそれと同じ要領です。

悪い子音の発音を繰り返すと必ずクセになります。
普段の練習、ボイストレーニングから子音は軽く刻み良く発音するように心がけてください。

そうすれば、反対に「子音が母音を発音することを助けて」くれます。
子音を利用して母音を上手く歌いましょう。

何を歌うときでも、基本的に「子音が母音の邪魔をしない」ようにしていきましょう。
人それぞれ「得意な子音」「苦手な子音」があると思います。
最終的には苦手な子音はなくしていきたいですね。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

レッスンのご案内

ボイトレお問い合わせ

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする