リップロールでミックスボイスの感覚をつかもう

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

リップロールはミックスボイスのコツをつかむ第一歩です。

リップロールはミックスボイスの発見につながります。
リップロールは唇が発声のサポートをしてくれるため、通常の発声よりもミックスボイスの位置に声が入りやすくなります。

また声帯の負担も少ないのが特徴です。
声帯の負担が少ないため、「ウォームアップ」にも適しています。

ミックスボイスの練習ですので、
男性の場合は、高いファからドの間の音程を含む練習スケールを選んで下さい。
女性の場合は、シの♭からミを含んだものです。

ミックスボイス発見のヒント

裏声より少し芯のある声を見つけよう

裏声とは少し違う、少し芯のある声を感じてください。

それがミックスボイスへの第一歩です。
あくまで第一歩ですので、ここからは忍耐が必要です。

その声を発達させて歌声へ活かしていくのです。

リップロールでの注意点

リップロールでは、

①息をつかいすぎないこと
・・・ミックスボイスでは息の量はチェストボイスより少なくなります

②深い(例えば深いオやウの発音のような)音色でおこなうこと
・・・喉頭が上げず普段の位置で歌うことがミックスボイスでは重要です。
深い音色(オやウ)は明るい音色(イやエ)に比べて喉頭を楽に維持できます。

③力まず、負担の少ない出し方をすること
・・・リップロールだけでなく、すべてに共通して言えること

この3つに注意しておこなってください。
唇がよりゆっくり震えるくらいリラックスできればベターです。

リップロールは一つの指標にすぎない

リップロールは万能でミックスボイスにも効果的です。
しかし、リップロールができるからと言ってミックスボイスができることには残念ですがつながりません。

リップロールは上手くできるが、ミックスボイスは出せない方は多くいます。
多くの方がそこからスタートしますので、皆さんが今そのような状態であっても焦る必要はありません。
そこから少しづつステップアップしていきましょう。

反対に、リップロールは完ぺきにはできないが実際の歌声になると比較的楽に高音(ミックスボイス)が出る方もいます。
そういう方の場合は、もちろん上手くいくときはリップロールもスムーズにいきます。
その場合はテクニックがまだ安定していないだけですので、反復練習で確率が上がっていくことが多いです。

もちろん上手にミックスボイスが出せる人は、必ずと言っていいほどリップロールは上手にできます。
ウォームアップにも適しており、リスクもあまりありませんので、皆さんもリップロールをボイストレーニングに取り入れてみてください。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

レッスンのご案内

ボイトレお問い合わせ

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする