ボイストレーニングで必要なこと

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

正しい方法でボイトレする

ボイストレーニングをするときには「正しいボイストレーニングの方法」で練習しましょう。
簡単なようですが、「正しいボイストレーニングをすること」は実はかなり難しいことです。

語学・数学・社会・理科等の勉強は、少なからずプラスに作用します。
マイナスに作用することはほとんどありません。

ボイストレーニングで必要なこと

ボイストレーニングで必要なこと

間違ったボイトレはマイナスに作用する

しかし、「間違ったボイストレーニングの練習法」はマイナスに作用します。
さらに、悪い癖を作る原因となります。

ミックスボイスの出し方を「自己流で努力し探し続けた結果」、かなり手強い悪い癖をつけてしまう方もいます。

高音や音域の広さだけにこだわった結果、声量が全く出なくなってしまっている方もいます。

一度「間違った出し方」で固定されてしまうと、それ取り除くために「さらなる時間」を必要とします。
努力をしているのにもかかわらず、まさに悪循環です。

声は自分での良し悪しの判断が難しい楽器です

声は自らで客観的に聴くことのできない楽器です。

そのため、「自分自身で正しいと判断している」ものが「実際は間違っている」場合も少なくありません。

プロの歌手の多くも、ボイストレーナーなどに「自らの声を聞いてもらうこと」を必要としています。
第3者に聴いてもらえる機会を必ず作りましょう。

「良い耳」と「正しい知識」の二本柱

そして、ボイストレーナーなどのアドバイスを適切に判断できるようにするために、「良い耳」と「正しい知識」を持つようにしましょう。

「良い耳」

「良い耳」は感覚を育ててくれます。

声の音質・テクニックを進歩させていくための「素晴らしい道しるべ」となってくれます。

良い耳を持つことが、歌手としての重要な要素の1つでもあります。

ボイトレのときも、カラオケのときも、CDを聞いているときも、「耳をよく使う」よう意識しましょう。

「正しい知識」

「正しい知識」は、様々な外からの情報・意見をまとめて整理することに役立ちます。

チェストボイス、ミックスボイス、ヘッドボイス、裏声、地声など音楽用語は混在しています。
言葉で判断するのではなく、筋肉などの身体的な情報と発声を結び付けることがコツです。

イメージを知識と組み合わせることができれば、理解度はさらに深まるはずです。

自宅でのボイストレーニングでも「たまたま出た良い声」を無駄にせず、知識によって整理できるようにしましょう。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

レッスンのご案内

ボイトレお問い合わせ

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする