蒸気を吸入することは喉に良い!?

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

蒸気吸入は古い歌手はよくやっていた

私は医学的知識はないため断定することはできませんが、蒸気の吸入は歌手が不調時によく使う手段ですので簡単に紹介しておきます。

専門外のため、あくまで参考程度に読んでください。

蒸気を吸うことは安全な声帯の腫れを減らす手段であると、ある著名な医師が話していた記事がありました。

また、医学が今ほど発達していなかった頃は、劇場のストーブの上には「やかん」が置かれていたそうです。
そこから出てくる「蒸気」を、コンディションの上がらない歌手たちが吸っていたそうです。
※やけどをするような「熱々の蒸気」ではありません。

steam

ステロイドは「緊急事態のみ」が安全

ステロイドも喉頭炎に効果があることで有名です。
ですが、副作用が懸念されます。
ライブやコンサート前などの緊急時以外は、できる限り使用しないべきでしょう。

ステロイドというと、陸上で使われる筋肉増強剤のようなものを想像してしまいます。
ですが、実は喉にもよく使われています。
歌手などをよく診ている耳鼻科の中には、ステロイドをよく処方される病院もあります。

文献からの蒸気吸入の紹介

ある文献では「蒸気吸入は一日三回、それぞれ20分間、鼻や口から自然に蒸気を吸う」ように勧められています。

初期の鼻風邪には効果がないようですが、風の末期や声枯れには効果を発揮するようです。
また炎症を抑えるだけでなく、蒸気が通ることで「声帯は潤い」「粘液も滑らかに」なるそうです。

アレルギー性の鼻炎等を持つ人によく勧められる蒸気吸入ですが、歌手の不調時にも効果を期待できるものかもしれません。

※蒸気吸入を勧めているわけではありません。
※蒸気を吸う前に医師に相談して下さい。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※例外的に出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

レッスンのご案内

ボイトレお問い合わせ

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする