五線・音部記号・変化記号など音楽の基礎

スポンサーリンク
スポンサードリンク

五線

楽譜は「五線」という5本の均等な線を基準として成り立っています。
gosen1
この五線のどの位置に音符があるかなどで音の高さが決まるのです。
下の線にいけばいくほど低い音を、上の線にいけばいくほど高い音を表します。
もし五線だけでは足りない時は線をその都度増やしていきます。
五線以外の増やした線は「加線」と呼びます。
gosen2
そして五線の線の一つ一つには名前があります。
下の線から「第1線」「第2線」「第3線」「第4線」「第5線」といいます。
また、線と線の間は下から「第1間」「第2間」「第3間」「第4間」といいます。

上に増えた線は「上第1線」
下に増えた線は「下第1線」
また、上に増えた間は「上第1間」
下に増えた間は「下第1間」
と呼びます。

言葉では伝わりづらいかと思いますので図を載せますね。
gosen3

音部記号

音部記号とは「ト音記号」「ヘ音記号」「ハ音記号」のことを言います。
ombukigou1
この記号のことを説明する前に音の呼び方についてお話しましょう。
皆さんがよく耳にする「ドレミファソラシド」という音の呼び方は実はイタリア語の呼び方なんです。
それに対して日本では「いろはにほへと」という7文字を音に割り当てました。

イタリア語 ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド
日本語   ハ ニ ホ ヘ  ト イ ロ ハ

上記の並びのように「ド」は「ハ」、「レ」は「二」と呼びます。

では、音部記号の説明に戻りましょう。

ト音記号

「ト音記号」は日本語でいう「ト音」(イタリア語だと「ソ」)を基準とする記号です。
この赤い丸をつけたところが基準でソ(ト音)となります。
ombukigou2
ombukigou6

ヘ音記号

「ヘ音記号」は「ヘ音」(イタリア語だと「ファ」)を基準とする記号です。
この赤い丸をつけたところが基準でファ(ヘ音)となります。
ombukigou3
ombukigou7

ハ音記号

「ハ音記号」は「ハ音」(イタリア語だと「ド」)を基準とする記号です。
この赤い丸をつけたところが基準でド(ハ音)となります。
ombukigou4
ombukigou8
これらの音部記号はいつも決まった位置にあるわけではありません。
ombukigou5
このようにハ音記号を書く位置によって基準となる「ハ音」の位置も変わるのです。
あまり見ることはないかもしれませんが、ト音記号やヘ音記号が移動することもあります。

ちなみに、ピアノでいう「真ん中のド」の音はそれぞれの音部記号で表すと以下のようになります。
ombukigou9
見ていただければ分かるようにト音記号は真ん中のドより高い音を表すのに便利、ヘ音記号は真ん中のドより低い音を表すのに便利です。
ト音記号で真ん中のドの音より低い音を沢山書こうとすると加線だらけで大変になってしまいますからね。

変化記号

音の高さを上げたり、下げたりする時は「変化記号」を使います。
これらは音符の左側に付けられます。
その種類は5つあります。

シャープ

シャープは音を半音高くする時に使います。
sharp

フラット

フラットは音を半音低くする時に使います。
flat

ナチュラル

ナチュラルは他の4つの変化記号の効果を消して、元の音の高さに戻す時に使います。
natural

ダブルシャープ

ダブルシャープは半音2個分高くする時に使います。
(シャープ2個分と考えて下さい)
doublesharp

ダブルフラット

ダブルフラットは半音2個分低くする時に使います。
(フラット2個分と考えて下さい)
doubleflat

音名

音部記号の説明の際に少し書きましたが、音には名前があります。
それを「音名」といい、音の高さを表す時に使います。

イタリア語と日本語については少し書きましたね。
その他に良く使われるのはドイツ語と英語でしょうか。

基本となる名称

イタリア語 Do Re Mi Fa Sol La Si Do
 (読み方 ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド)

日本語   ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ ハ

ドイツ語  C D E F G A H C
 (読み方 ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー ツェー)

英語    C D E F G A B C
 (読み方 シー ディー イー エフ ジー エー ビー シー)

シャープが付いた場合の名称

日本語  嬰ハ 嬰ニ 嬰ホ 嬰ヘ 嬰ト 嬰イ 嬰ロ 嬰ハ
(読み方 エイハ…)

ドイツ語 Cis Dis Eis Fis Gis Ais His Cis
(読み方 チス ディス エイス フィス ギス アイス ヒス チス)

英語   C# D# E#…
(読み方 シーシャープ ディーシャープ イーシャープ…)

イタリア語は日本ではあまり使われないので省きます。

フラットが付いた場合の名称

日本語  変ハ 変ニ 変ホ 変ヘ 変ト 変イ 変ロ 変ハ
(読み方 ヘンハ…)

ドイツ語 Ces Des Es Fes Ges As B Ces
(読み方 ツェス デス エス フェス ゲス アス べー ツェス)

英語   C♭ D♭ E♭…
(読み方 シーフラット ディーフラット イーフラット…)

ダブルシャープが付いた場合の名称

日本語  重嬰ハ 重嬰ニ 重嬰ホ 重嬰ヘ 重嬰ト 重嬰イ 重嬰ロ 重嬰ハ
(読み方 ジュウエイハ…)

ドイツ語 Cisis Disis Eisis Fisis Gisis Aisis Hisis Cisis
(読み方 チスィス ディスィス エイスィス フィスィス ギスィス アイスィス ヒスィス チスィス)

英語   C double# Ddouble# Edouble#…
(読み方 シーダブルシャープ ディーダブルシャープ イーダブルシャープ…)

ダブルフラットが付いた場合の名称

日本語  重変ハ 重変ニ 重変ホ 重変ヘ 重変ト 重変イ 重変ロ 重変ハ
(読み方 ジュウヘンハ…)

ドイツ語 Ces Deses Eses Feses Geses Ases Bes Ceses
(読み方 ツェセス デセス エセス フェセス ゲセス アセス べス ツェスセス)

英語   C double♭ D double♭ E double♭…
(読み方 シーダブルフラット ディーダブルフラット イーダブルフラット…)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事とスポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク