喉や首の筋肉を使って呼吸をしない

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

速いスピードで息を吸ったり吐いたり

犬がハーハー息を吸ったり吐いたりするように、「速いスピードで息を吸ったり吐いたり」を繰り返してみてください。
呼吸の往復を急いですると、喉周りの筋肉を使ってしまう方は意外と多くいます。

もちろん正解は、「喉や首の筋肉を使わずに」呼吸をすることです。
これができない場合、それは腹式呼吸も適切にできていないことを指します。

スピーディに息を吸ったり吐いたりを繰り返す呼吸をおこなうと、呼吸筋が不十分な方は喉に頼る場合があります。

ボイトレでの腹式呼吸の練習は、ゆったりとした呼吸でおこなっていると思います。
素早く呼吸をすると、「腹式呼吸では隠れていた欠点」が見つけやすくなるのです。
是非試してみてください。

relaxed-breath

力んだ呼吸は発声に悪影響

もし喉や首の筋肉を呼吸で使っていると、発声にも悪影響が出ます。

喉で呼吸をしてしまうと、「喉声になったり」、「首周りのアウターマッスルに力みが入ってしまったり」してしまいます。

当然音色も理想の声にはならないでしょう。

ボイストレーニングの重要チェックポイントの一つに、「首周りとあごの下の筋肉をリラックスさせる」ことがあります。
呼吸においてもそれは当てはまります。

「喉や首の筋肉を使って呼吸をしない」ことを頭に入れておいてください。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※例外的に出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

レッスンのご案内

ボイトレお問い合わせ

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする