何十種類の「ア」の違いを感じよう

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

同じ「ア」でも、様々な「ア」があります。

ボイストレーニングをしていると、言葉では正確に表現できないことがよくあります。

例えば母音です。
同じ「ア」でも無限の種類の「ア」があります。

もう少し明るく
もう少し暗く
もう少し輪郭をはっきり
もう少し硬く
もう少し柔らかく・・・
などなど
これらを組み合わせて、さらにバランスを少しずつ調整して、その人自身のベストの「ア」を探していきます。

そこで大切なのは、その一つ一つの微妙な違いを感じられる感覚です!
違いをあまり感じられないと、せっかく見つけた音色をすぐ忘れてしまいます。
自分自身での調整も難しくなります。

difference

たくさんの音楽に触れることが大切

これは多くの音楽に触れれば触れるほど、研ぎ澄まされてくると思います。
「継続は力なり」です。
もちろん、ただ何となく聞くのではなく「集中して自分なりに分析をした方が」良いです。

生の音楽が一番です。
個人的には録音を聴く場合でも「より良い音の出るスピーカーにこしたことはない」と思っています。

できる限り多くの情報を共有して、理想の声に近づけていきたいですね。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

レッスンのご案内

ボイトレお問い合わせ

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする