カラオケでウォームアップを勧める二つの理由

カラオケ後に調子を崩してしまう

カラオケで盛り上がって調子を崩してしまったお話を最近聞きましたので、少しカラオケのときの注意点を書いておきます。

あくまで、ボイストレーニングの視点からの話です。

いきなり大曲は無謀

カラオケでは、どのような曲を歌いますか?
やはり好きなアーティストの曲を歌うと思います。

SMAPなどのアイドル系の歌ならまだしも、いわゆる本格派アーティストの曲を歌うにはある程度の準備か必要です。

喉のためにも、いきなり大曲から入ることは避けましょう。

karaoke-up

カラオケでもウォームアップをしよう

カラオケだからと言って甘くみてはいけません。
実際に難しい曲を何曲も歌うわけですから、ボイストレーニングと同じような準備が必要です。
喉の負担はボイストレーニングより大きいかもしれません。

ただ、カラオケでは発声練習などをする雰囲気ではありませんよね。

ですので、5分程度で構いませんので是非ウォームアップをしてください。
リップロールを少しして、地声と裏声を別々に少し暖めてあげましょう。
それだけでも、かなり変わるはずです。

ウォームアップは二つの意味がある

ウォームアップは二つの意味があります。
一つは、歌う前の準備ですね。
これは、皆さんも納得でしょう。

しかし、もう一つの意味でもウォームアップをすることを強くお勧めします。

それは、コンディションを維持するためです。

ウォームアップをせずにカラオケで何曲も歌ってしまうと、喉に負担が大きくかかります。
喉を痛めてしまうと、その日だけでなくその後にも影響を及ぼすこともあります。

歌が好きな人ほど、コンディションが戻らないショックは大きいと思います。
歌えないことは、とても辛いことですよね。

上手に歌うためにも、喉を健康な状態に保つためにも、是非カラオケではウォームアップをしてください。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。
ボイトレ講座(目次)
カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。
※例外的に出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。
レッスン詳細
ボイトレお問い合わせ