項目 データ
作品名 四十二番街(42nd Street)
作曲 ハリー・ウォーレン
作詞 アル・デュービン、ジョニー・マーサー
脚本 マイケル・スチュワート、マーク・ブランブル
原作 1933年公開の同名の映画
舞台 1980年 ブロードウェイ

四十二番街(42nd Street/フォーティー・セカンド・ストリート)』は、1933年に公開されたミュージカル映画が基になっています。

この映画を基にして、1980年に同名のミュージカルがブロードウェイで初演されました。
ブロードウェイでは3,486公演(初演の1980年から1989年まで)のロングラン記録を持つヒット作品です。

ここでは『四十二番街(42nd Street)』のあらすじを、曲と対応して解説していきます。

『四十二番街(42nd Street)』の簡単なあらすじ

時間のない方のための簡単なあらすじ
broadway

ニューヨークを舞台にした、シンデレラストーリーです

田舎娘ペギーが新作ミュージカル「Pretty Lady」のオーディションのためにニューヨークを訪れます。
遅刻してしまった彼女ですが、運よくコーラスとして採用されます。

長いリハーサルを終え、いよいよミュージカルが開きます。
すると主役がケガをしてしまいます。

ペギーは代役として主役を務め、ミュージカルは見事に成功します。

『四十二番街(42nd Street)』曲の視聴

【AWA】

 一部視聴の場合は、こちらのAWAをご利用ください。
左下のジャケットマークをタップすると、曲順・曲タイトルが見やすくなります。

【Spotify】

 全曲を聴きたい場合はSpotifyがおすすめです。
無料会員になるとパソコン・タブレット等で全曲再生できます。
スマホ再生の場合はシャッフル再生のみです。

第1幕:『四十二番街(42nd Street)』のあらすじ

田舎娘ペギーがオーディションに遅刻する

broadway

Overture

1933年 ニューヨーク
ニューヨークの42番街では新作ミュージカル「Pretty Lady」のオーディションが開かれています。

そこにペギー・ソーヤーが、田舎町ペンシルベニア州のアレンタウンからオーディションのために現れます。
しかし、オーディションは終わりかけていました。

Young and Healthy

その時、既にオーディションに合格しているビリーが、彼女に気づきます。
ビリーはペギーを一目見て気に入ります。

 ペギーは舞台経験のない新人です。

ビリーはペギーを取り計らってあげようとします。
しかしダンスディレクターのアンディには追い払われてしまいます。

パトロンのお気に入りのドロシーが主役に選ばれる

dance

Shadow Waltz

一方、ミュージカルの主役には、ドロシー・ブロックが選ばれます。
ドロシーは既に全盛期を過ぎていますが、パトロンのアブナー・ディロンの要望でそれを断ることはできません。

演出家ジュリアン・マーシュは仕方なく、それに同意します。

ペギーは運よくコーラスとして選ばれる

car

Go into Your Dance

劇場の外ではマギー(作家)やアニー(コーラス)たちがペギーを慰めています。
彼女たちはペギーをランチに誘い、演出家のジュリアンにダンスを見てもらうよう提案します。

ペギーは幸運にもダンスを見てもらえ、コーラスのメンバーとして参加できることになります。

いくつかのトラブルを抱えながらも、一座はリハーサルを重ねる

staging

You're Getting to Be a Habit with Me

「Pretty Lady」のリハーサルが始まります。

主役のドロシーにはキスシーンがあります。
パトロンのアブナーはそれに嫉妬し「キスではなく握手に変更」させます。

Getting Out of Town

演出家ジュリアンには、さらなる悩みの種がありました。
主役のドロシーには、パット・デニングという恋人がいたのです。

デニングの動向によっては、パトロンのアブナーは出資金を打ち切るという可能性もあります。
ジュリアンは、マフィアに「デニングをドロシーに近づかせない」ように頼みます。

Dames

厳しいリハーサルも終え、一行は初日の公演がおこなわれるフィラデルフィアへ向かいます。
ビリー「みんな若い女の子を目当てにショーにやってくる!」と歌い上げます。

ミュージカルの初日公演が始まる

stage

I Only Have Eyes for You

公演前夜
前夜祭が開かれています。
主役のドロシーは舞台に身を捧げる生活を送っていますが、恋人デニングのことをいつも気にかけています。
しかしパトロンとの手前もあり、デニングの関係は決して良好とは言えません。

そんなドロシーが、恋人への愛と不安な気持ちを吐露します。

ペギーが舞台上でドロシーに怪我をさせ、クビになる

auction

We're in the Money

劇中劇「Pretty Lady」
「Pretty Lady」の初日が無事開演します。

 タップダンスが見どころのシーンです。

しかしこの劇中にアクシデントが起こります。
ドロシー(主役)とペギーがぶつかり、ドロシーが怪我をしてしまうのです。

主役の降板で、ミュージカルは続行不可能となります。

ペギーは演出家ジュリアンにクビを言い渡されます。
ペギーは田舎に帰るために駅へ向かいます。

第2幕:『四十二番街(42nd Street)』のあらすじ

ジュリアンがペギーを一座に連れ戻す

yoga

Sunny Side to Every Situation

ドロシーは、足首を骨折していました。
主役がいなければ、ショーの幕は開きません。

コーラスの皆は「ペギーなら代役を務めあげることができる!」とジュリアンに語ります。
ジュリアンは駅に向かい、ペギーを止めに向かいます。

Lullaby of Broadway

フィラデルフィア ブロードストリート駅
ジュリアンはペギーに謝罪し、彼女にショーに戻ってもらうように頼みます。
ペギーは悩みますが、ショーに残ることを決めます。

ペギーが猛練習を積み、ドロシーがそれを励ます

About a Quarter to Nine

ペギーは2日間で役を学ばなければならず、四苦八苦しています。
そこに突然ドロシーが訪れてきます。

ドロシーは意外なことにペギーを勇気づけます。
そして、ミュージカルの最後の曲「About a Quarter to Nine」の歌い方を親切にアドバイスしてくれます。

ペギーが主役を見事に務め、シンデレラストーリーが完結する

stage

Shuffle off to Buffalo/42nd Street

ペギーが主役となったミュージカルの幕が開きます。
ジュリアンは「スターになって戻ってこい!」とペギーを送り出します。

ミュージカルは大成功をおさめ、ペギーがスターダムにのし上がる予感を感じさせます。

42nd Street(Reprise)

舞台終演後、最後にジュリアンが静かに「42nd Street」を歌います。