「2つのアラベスク(Deux Arabesques)」は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシー(Claude Debussy/1862年8月22日-1918年3月25日)を代表する作品の一つです。
1888年に作曲され1891年に改訂されたと考えられており、ドビュッシーが若かりし頃の傑作です。
アラベスク第1番はauのテレビCMでも使われており、聞いたことのある方も多いかもしれません。

幼少から才能を発揮したドビュッシー

ドビュッシーは幼少期から音楽の才能を発揮し10歳の若さ(1872年)でパリ音楽院に入学します。
当初はピアニスト志望だったそうですが、学内で2年連続で1位を獲得できなかったことからピアニストを諦めたそうです。
その後ドビュッシーは作曲を本格的に学び始めます。

3度目の正直でローマ大賞を獲得

ドビュッシーは1882年に作曲のコンクールであるローマ賞に応募しますが、予選落ちします。
しかし続く1883年は予選を通過し本選で2位となります。

そして3度目の正直の1884年には見事ローマ大賞を獲得しました。
審査員にはグノーやサン=サーンスもいたそうです。

1885年から1887年にローマに留学

ローマ大賞の副賞として、ドビュッシーは1885年から1887年にかけてローマに留学します。
しかし、彼にとってローマの空気はあまり合わなかったそうです。
予定より早く留学を切り上げてパリに戻ってきました。

「2つのアラベスク」は1888年に作曲されたと考えられていますので、ちょうどこの頃の作品ということになります。

ドビュッシー「2つのアラベスク」の演奏

[00:00]アラベスク第1番
[04:21]アラベスク第2番

無料楽譜

ドビュッシー「2つのアラベスク」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜