「Il fervido desiderio(激しい希求)」はヴィンチェンツォ・ベッリーニ(Vincenzo Bellini, 1801年~1835年)によって作曲された「3つのアリエッタ」の第1曲にあたります。

ベッリーニについてはロッシーニやドニゼッティと並んでベルカント時代を代表するオペラ作曲家として知られています。
34年の短い生涯の中で数多くのオペラを遺しており、「カプレーティとモンテッキ」「夢遊病の女」「ノルマ」「清教徒」は現在でも世界中で上演されている人気のオペラです。

ここでは、ベッリーニ作曲の「Il fervido desiderio(激しい希求)」の対訳や解説を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

「Il fervido desiderio(激しい希求)」の名演

チェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli/1966年- )
イタリアのメゾソプラノ歌手。

「Il fervido desiderio(激しい希求)」の歌詞1

Quando verrà quel dì
che riveder potrò
quel che l'amante cor tanto desia?

「Il fervido desiderio(激しい希求)」の対訳1

いつその日はやって来るのだろう
再会できるその日は
愛する心がとても望んでいる人は?

 「Quando verrà quel dìche riveder potrò」で「再会できる日はいつやって来るのだろう」となり、続く3行目も「Quando verrà quel che l'amante cor tanto desia」で「愛する心がとても望んでいる人はいつやって来るのだろう」という文章になっている。

単語の意味

イタリア語 意味
quando いつ
venire 来る
日、一日
rivedere 再会する
potere ~できる
amante 愛好する、好む
core 胸、心
tanto 沢山の、多くの
desiderio 願い、欲求、希求

「Il fervido desiderio(激しい希求)」の歌詞2

Quando verrà quel dì
che in sen t'accoglierò,
bella fiamma d'amor,anima mia?

「Il fervido desiderio(激しい希求)」の対訳2

いつその日はやって来るのだろう
胸の中にあなたを迎えるであろうその日は、
美しい愛の炎よ、私の魂よ?

単語の意味

イタリア語 意味
seno
accogliere 迎える、受け入れる
bello 美しい、きれいな
fiamma
amore
anima 魂、心、命