「Già il sole dal Gange(陽はすでにガンジス川から)」は、オペラ「L'honesta negli amori(愛の誠)」の中のアリアで、アレッサンドロ・スカルラッティ(Alessandro Scarlatti, 1660-1725)によって作曲されました。
このオペラはは、1680年当時にローマに住んでいた元スウェーデン女王クリスティーナの館で上演されたそうです。
17世紀のイタリアでは、太陽はガンジス川からのぼるのだと考えられていたそうです。

 アレッサンドロ・スカルラッティは、イタリア出身のバロック時代を代表する作曲家で、オペラにおけるナポリ楽派の始祖と考えられています。
「Sento nel core」「Le violette」「O cessate di piagarmi」「Se tu della mia morte」などクラシックファンなら知っているであろう、今でも良く知られている多くの曲を作曲しています。

ここでは「Già il sole dal Gange(陽はすでにガンジス川から)」の対訳や解説を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
多少不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

Già il sole dal Gange(陽はすでにガンジス川から)の名演

チェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli, 1966年6月4日 – )
イタリア人のメゾソプラノ歌手

無料楽譜

上記ページからダウンロードできます。
【Vol.2】の16曲目です。

Già il sole dal Gange(陽はすでにガンジス川から)の歌詞1

Già il sole dal Gange
più chiaro sfavilla
e terge ogni stilla
dell’alba che piange.

Già il sole dal Gange(陽はすでにガンジス川から)の対訳1

すでに太陽はガンジス川から
より明るく光り輝いている
そして泣いている夜明けのすべてのしずくを拭く

単語の意味

イタリア語 意味
già すでに
sole 太陽
dal da+il
da ~から
Gange ガンジス川
più より多く
chiaro 明るい
sfavillare きらめく・光り輝く
e そして
tergere ふく・乾かす
ogni どの~も(英語:every)
stilla しずく・水滴
alba 夜明け・暁
che 関係代名詞
piangere 泣く

Già il sole dal Gange(陽はすでにガンジス川から)の歌詞2

Col raggio dorato
ingemma ogni stelo
e gli astri del cielo
dipinge nel prato.

Già il sole dal Gange(陽はすでにガンジス川から)の対訳2

金色の光で
すべての植物を宝石のように飾り
そして空の星たちを
草原に描く

単語の意味

イタリア語 意味
col con+il
raggio 光線・日光・ひらめき
dorato 金色の
ingemmare 飾る・宝石で飾る・宝石のように飾る
stelo (植物の)茎
astro
cielo 空・天
dipingere 描く・色を塗る
nel in+il
prato 牧草地・草原・芝生

Già il sole dal Gange(陽はすでにガンジス川から)のオススメ名盤

イタリア人のメゾ・ソプラノ歌手であるチェチーリア・バルトリのイタリア古典歌曲集です。
21曲収録されており、良く知られているイタリア古典歌曲集の多くが含まれています。