「Il poveretto」はオペラ「椿姫」「リゴレット」などで有名な作曲家ジュゼッペ・ヴェルディによって書かれました。
オペラ作曲家として名高いヴェルディですが、歌曲の分野においても傑作を多く残しています。

日本では目にすることはあまりありませんが、「Il poveretto」は物乞いをする人を描いた歌です。
かつて祖国のために戦った兵士が自らを「Il poveretto(哀れな男)」と呼び、通行人に向けて歌っています。

ここでは「Il poveretto」の対訳・日本語訳を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

「Il poveretto」の名演

※1:00過ぎから演奏開始

ロランド・ヴィラゾン(Rolando Villazón (1972年2月22日 – )
メキシコ育ち、フランス在住のテノール歌手

「Il poveretto」の歌詞1

Passegger,che al dolce aspetto
par che serbi un gentil cor,
porgi un soldo al poveretto
che da man digiuno è ancor.

「Il poveretto」の対訳1

お通りの方よ、あなたは優しい顔つきで
親切な心を持っているように思えます
哀れな私に1ソルドだけでも与えてください
(私は)まだ何も食べていません

単語の意味

passeggero/通行人・旅人
dolce/優しい
aspetto/外観・顔つき・姿
serbare/貯蔵する・守る・持ち続ける
gentile/親切な・優しい
core/心・心臓

porgere/差し出す・与える・提供する
soldo/お金・かつての通貨の単位
poveretto/貧しい人・哀れな人
digiunare/絶食する・断食する

「Il poveretto」の歌詞2

Fin da quando era figliuolo
sono stato militar
e pugnando pel mio suolo
ho trascorso e terra e mar;

「Il poveretto」の対訳2

青年のころからずっと
私は兵士でした
そして 私の国のために戦ってきました
陸も海も回って

単語の意味

fino/~まで
fino da/~からずっと
quando/いつ・~のとき
era/時代・時期
figliuolo/息子・青年・若者
militare/軍人・兵士

e/そして
suolo/土地・大地・国
pel/per+il
pugnare/戦う・争う
trascorrere/過ごす・歩き回る
terra/大地・陸地
mare/海

「Il poveretto」の歌詞3

Ma or che il tempo su me pesa,
or che forza più non ho,
fin la terra che ho difesa,
la mia patria m'oblio.

「Il poveretto」の対訳3

しかし 時代が私の上に のしかかり
今は もはや力はありません
私が守った大地さえ
私の祖国さえ私を忘れています

単語の意味

ma/しかし
tempo/時間・時代
su/~の上
pesare/のしかかる・圧迫する
or/今・目下
forza/力・体力
non più/もはや~でない

terra/大地・陸地
difendere/守る
patria/祖国・故郷
obliare/忘れる

「Il poveretto」の歌詞4

Passegger,che al dolce aspetto
par che serbi un gentil cor,
porgi un soldo al poveretto
che da man digiuno è ancor.

「Il poveretto」の対訳4

お通りの方よ、あなたは優しい顔つきで
親切な心を持っているように思えます
哀れな私に1ソルドだけでも与えてください
(私は)まだ何も食べていません

単語の意味

passeggero/通行人・旅人
dolce/優しい
aspetto/外観・顔つき・姿
serbare/貯蔵する・守る・持ち続ける
gentile/親切な・優しい
core/心・心臓

porgere/差し出す・与える・提供する
soldo/お金・かつての通貨の単位
poveretto/貧しい人・哀れな人
digiunare/絶食する・断食する