「Im wunderschönen Monat Mai(美しい五月には)」は、ローベルト・シューマン(Robert Schumann/1810年-1856年)が作曲した連作歌曲『詩人の恋(Dichterliebe)』の第1曲にあたります。

『詩人の恋』は第6曲までは愛の喜びが歌われており、第7曲からは失恋の悲しみが、そして最後には苦しみが歌われていると言われています。

ここでは「Im wunderschönen Monat Mai(美しい五月には)」の歌詞と対訳を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。

「Im wunderschönen Monat Mai」の名演

フリッツ・ヴンダーリヒ(Fritz Wunderlich/1930年9月26日-1966年9月17日)
ドイツ のテノール歌手

「Im wunderschönen Monat Mai」の歌詞1

Im wunderschönen Monat Mai,
Als alle Knospen sprangen,
Da ist in meinem Herzen
Die Liebe aufgegangen.

「Im wunderschönen Monat Mai」の対訳1

素晴らしく美しい五月に
すべてのつぼみが開いたとき
僕の心の中で
恋の芽が出た

単語の意味

wunderschön/素晴らしく美しい
Monat/月
Mai/5月
als/~したとき
all/すべての
Knospe/つぼみ
sprangen-springen/跳ぶ・(つぼみが)開く
da/そのとき・そこに
Herz/心
Liebe/愛
aufgegangen-aufgehen/昇る・芽を出す

「Im wunderschönen Monat Mai」の歌詞2

Im wunderschönen Monat Mai,
Als alle Vögel sangen,
Da hab ich ihr gestanden
Mein Sehnen und Verlangen.

「Im wunderschönen Monat Mai」の対訳2

素晴らしく美しい五月に
すべての鳥が 歌ったとき
僕は彼女に告白した
僕の憧れと想いを

単語の意味

wunderschön/素晴らしく美しい
Monat/月
Mai/5月
als/~したとき
all/すべての
Vogel/鳥
sangen-singen/歌う
gestanden-gestehen/告白する・打ち明ける
Sehnen/憧れ
Verlangen/願望・要求