「La donna è mobile(女心の歌)」ヴェルディ作曲のオペラ「リゴレット」の中で、マントヴァ公爵(テノール)によって歌われるアリアです。

「リゴレット」は1851年に初演されたヴェルディ中期の傑作で、現在でも世界各地で上演されている人気のオペラです。
その中でも「La donna è mobile(女心の歌)」はヴェルディにとっても会心の出来で、外部に漏れぬよう初演まではリハーサルへの一般人の出入りや盗み聴きを禁じたそうです。
初演後は街でこの「La donna è mobile(女心の歌)」を鼻歌で歌う人が多くみられるほどの熱狂ぶりでした。

ここでは「La donna è mobile(女心の歌)」の歌詞と対訳を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

La donna è mobileの名演

ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日 – 2007年9月6日)
イタリアのテノール歌手

La donna è mobileの歌詞1

La donna è mobile
Qual piuma al vento,
Muta d'accento - e di pensiero.

Sempre un amabile,
Leggiadro viso,
In pianto o in riso, - è menzognero.

La donna è mobileの対訳1

女は気まぐれだ
風になびく羽根のように
言うことも変わる、そして考えも(変わる)

いつも感じの良い
愛らしい表情で
泣いているときも笑っているときも、それには嘘がある

単語の意味

イタリア語 意味
donna 女性・女
mobile 動かせる・変わりやすい・不安定な・移り気な・気まぐれな
piuma 羽根・翼
vento
mutare 変わる・変える
accento アクセント・口調・抑揚
pensiero 考え・意見・思考
イタリア語 意味
sempre いつも
amabile 愛すべき・かわいらしい・感じの良い
leggiadro 優美な・愛らしい
viso 顔・表情・顔つき
pianto 涙・泣くこと・悲嘆
riso 笑い・笑顔
menzognero うそつきの・偽りの・でたらめの

La donna è mobileの歌詞2

È sempre misero
Chi a lei s'affida,
Chi le confida - mal cauto il core!

Pur mai non sentesi
Felice appieno
Chi su quel seno
- non liba amore!

La donna è mobileの対訳2

いつも不幸なのは
女性に心をゆだねる人だ
それを信じる人だ うまく警戒心を持たずに

そうは言っても、感じずに終わるのは
女性の胸で本物の幸せを(※上の行にかかる)
愛を味わえない人だ

単語の意味

イタリア語 意味
sempre いつも
misero 貧しい・哀れな・不幸な
chi
lei 彼女に
affidare 任す・ゆだねる・信頼させる
confidare 頼る・信頼する
male 悪く・まずく・うまく~できないで・悪
cauto 慎重な・用心深い・警戒心のある
core 心・心臓
seno
libare 口をすする・すする・乾杯する
amore
イタリア語 意味
pure けれども・そうは言っても
mai 一度も~ない
felice 幸福な・楽しい・幸運な
appieno 十分に・全く・完全に