「Non più andrai, farfallone amoroso」はモーツァルト作曲のオペラ「フィガロの結婚」の第10曲で、フィガロによって歌われるアリアです。
この曲は「フィガロの結婚」の中では、ケルビーノの「voi che sapete che cosa e amor」と並んで最も有名なアリア・アリエッタだと言えます。

「フィガロの結婚」はモーツァルトを代表する作品で、1786年に作曲されました。
台本はダ・ポンテによって書かれており、この他にもモーツァルトのオペラである「ドン・ジョヴァンニ」「コジ・ファン・トゥッテ」もダ・ポンテによって書かれました。
オペラではありますが、幕が開く前の序曲の冒頭部分は誰もが一度は耳にしたことがあると思います。

ここでは「Non più andrai, farfallone amoroso」の歌詞と対訳を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

Non più andrai, farfallone amorosoの名演

ルッジェロ・ライモンディ(Ruggero Raimondi、1941年10月3日 - )
イタリアのバスバリトン歌手

Non più andrai, farfallone amorosoの歌詞1

Non più andrai, farfallone amoroso,
Notte e giorno d'intorno girando,
Delle belle turbando il riposo,
Narcisetto, Adoncino d'amor.

Non più andrai, farfallone amorosoの対訳1

これ以上行くことはできないだろう 恋する蝶(移り気な人)よ
夜も昼も 周りをぶらつき
美女たちの静音をかき乱す
愛のナルシスよ、アドニスよ

più/これ以上
andare/行く
farfallone/浮気者・移り気な人
farfalla/蝶
amoroso/愛の・恋する
notte/夜
e(英語:and)
giorno/昼・日
intorno/周りに・周辺
girare/歩き回る・ぶらつく・回る
bella/美女
turbando/妨げる・かき乱す
riposo/休息・静穏・安らぎ
Narcisetto/ナルシス(神話に出てくる美少年)
Adoncino/アドニス(神話に出てくる美少年)

Non più andrai, farfallone amorosoの歌詞2

Non più avrai questi bei pennacchini,
Quel cappello leggiero e galante,
Quella chioma, quell'aria brillante,
Quel vermiglio donnesco color!

Non più andrai, farfallone amorosoの対訳2

これ以上持つことはできない この美しい羽毛の房を
その軽くてしゃれた帽子を
その髪を、その派手な雰囲気を
その女っぽい朱色の(肌・顔の)色を

avere(英語:have)
questo/この
bei→bello/美しい
pennacchino/(帽子の飾りに使われる)羽毛の房
quello/あの・その
cappello/帽子
leggiero→leggero/軽い・不真面目な
galante/女性の気を惹く、しゃれた
chioma/髪の毛・頭髪
aria/空気・大気・空・雰囲気
brillante/輝く・派手な
vermiglio/朱色の
donnesco/女っぽい・女らしい

Non più andrai, farfallone amorosoの歌詞3

Tra guerrieri, poffar Bacco!
Gran mustacchi, stretto sacco,
Schioppo in spalla, sciabla al fianco,
Collo dritto, muso franco,
Un gran casco, o un gran turbante,
Molto onor, poco contante.

Non più andrai, farfallone amorosoの対訳3

戦士の中になんて、何とまさか!
大きいひげに (背中に)きつい袋
肩には鉄砲 腰にはサーベル
まっすぐな襟 勇気のある顔つき
大きなかぶと もしくは大きなターバン
多くの名誉と 少しの金

tra/間に・中に
guerriero/戦士・勇士
poffare/まさか
Bacco/バッカス(酒の神)・何と
gran=grande/大きい
mustacchio/長くて濃い口ひげ
stretto/狭い・締まった・きつい
sacco/袋・背負い袋
schioppo/小銃・猟銃・鉄砲
spalla/肩
sciabola/サーベル
fianco/脇腹・腰
collo/首・襟巻
dritto/まっすぐな・正しい
muso/(人の)顔・面
franco/自信に満ちた・勇気のある
casco/ヘルメット・かぶと
o(英語:or)
turbante/ターバン
molto/多くの・たくさんの・大変な
onore/名誉・名声
poco/少しの
contante/現金

Non più andrai, farfallone amorosoの歌詞4

Ed in vece del fandango
Una marcia per il fango.

Non più andrai, farfallone amorosoの対訳4

そして ファンダンゴの代わりに
泥の行進だ

in vece di/~の代わりに
fandango/ファンダンゴ(スペインアンダルシア地方の舞踊)
marcia/行進・進軍
fango/泥

Non più andrai, farfallone amorosoの歌詞5

Per montagne, per valloni,
Con le nevi, e i solioni,
Al concerto di tromboni,
Di bombarde, di cannoni,
Che le palle in tutti i tuoni,
All'orecchio fan fischiar.

Non più andrai, farfallone amorosoの対訳5

山を通って 谷を通って
雪でも 真夏でも
トロンボーンの音楽に
臼砲の、大砲の音楽に
弾丸が激しく鳴って
耳に響く

oer/~を通って
montagna/山
vallone/渓谷・峡谷
neve/雪
sollione/真夏・酷暑
concerto/コンサート
trombone/トロンボーン
bonbarda/臼砲(きゅうほう)
cannone/大砲
palla/球・弾丸
in tutti/みんなで・全員で
tuono/雷・大音響・激しい音
orecchio/耳
fischiare/(銃弾が)ピュンピュン音を立てて飛ぶ

Non più andrai, farfallone amorosoの歌詞6

Cherubino alla vittoria:
alla gloria militar!

Non più andrai, farfallone amorosoの対訳6

ケルビーノよ 勝利に向かって
軍隊の栄誉に向かって!

Cherubino/ケルビーノ(フィガロの結婚の登場人物)
vittoria/勝利
gloria/栄誉
militare/軍隊の