項目 データ
初演 1845年 ドレスデン宮廷歌劇場
台本 リヒャルト・ワーグナー
演奏時間 3時間10分

ワーグナーの『タンホイザー(Tannhäuser)』は、彼の作品の中でも最も人気のある作品の一つです。
正確なタイトルは『タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦(Tannhäuser und der Sängerkrieg auf Wartburg)』といいます。

台本はワーグナー自身によるもので、物語は二つの題材を組みわせて書かれています。

【二つの題材】:『タンホイザー』と『ヴァルトブルクの歌合戦』

 『タンホイザー』
タンホイザーは"快楽"のために、ヴェーヌスの洞窟に籠ります。
洞窟から出ると、彼はそれを悔い改めるためにローマ教皇を訪れますが、許しを得ることはできませんでした。
タンホイザーは再びヴェーヌスの洞窟に戻ります。
皆は彼を探しますが、彼が見つかることはありませんでした。
 『ヴァルトブルクの歌合戦』
1207年、ヘルマン1世の宮殿(ドイツ)で、"負けたほうが命を落とす"という歌合戦がおこなわれました。
歌合戦に参加したハインリヒは、逆境に立ちます。
彼は魔術師を呼びその力で勝利しようとしますが、魔術を見破られ敗戦します。

ここでは、そんなワーグナー『タンホイザー』のあらすじを紹介したいと思います。

登場人物

タンホイザー(テノール):ヴァルトブルク城の騎士
ヴェーヌス(メゾソプラノ):ヴェヌスベルクに住む快楽の女神

ヘルマン1世(バス):テューリンゲンの領主
エリーザベト(ソプラノ):ヘルマン1世の姪、タンホイザーの恋人
ヴォルフラム(バリトン):ヴァルトブルク城の騎士でタンホイザーの親友。密かにエリーザベトに想いを寄せる。
ビテロルフ(バス)、ヴァルター(テノール):歌合戦で登場
など

第1幕:『タンホイザー』のあらすじ

"快楽を堪能し尽くした"タンホイザーが、人間界へ戻る

ヴェヌスベルクの洞窟

 タンホイザー:ヴァルトブルク城の騎士。"快楽"を得るために、ヴェヌスベルクの洞窟に籠っている。
ヴェーヌス:ヴェヌスベルクに住む快楽の女神。

タンホイザーとヴェーヌスが寄り添っています。
"快楽を堪能し尽くした"タンホイザーは、人間の世界へ帰りたがっています。
それをヴェーヌスが引き留めます。

タンホイザーはヴェーヌスに頼まれ、彼女を賛美します。(Dir töne Lob!)
しかし地上を懐かしむタンホイザーは、途中から「神ではない人間の私は死ぬ運命にある」「私を行かせてください!」と訴えます。
ヴェーヌスは「私に飽きたの!?裏切者!」と怒り、地上に帰ることを許しません。

「Dir töne Lob!/ヴェーヌス讃歌」

しかしタンホイザーが"聖母マリア"に祈りをささげると、ヴェーヌスの姿は消え、ヴェヌスベルクの世界はなくなります。
舞台はヴァルトブルク城近くの谷間に変わります。

 ヴァルトブルク城:ドイツ中部、タンホイザーはこの城の騎士

タンホイザーの近くを「かつての仲間たち」が通りかかる

ヴァルトブルク城近くの谷間

タンホイザーは、美しい谷間にいることに気づきます。
タンホイザーは地上に帰ってこれたことに感謝し、神に祈りを捧げます。

 ヘルマン1世:テューリンゲンの領主。タンホイザーの君主。

そこにヘルマン一行が通りかかります。
皆は"長い間姿を消していた"タンホイザーを見つけて喜び、再び仲間として迎え入れます。
それに対し、"罪の意識が深い"タンホイザーは、「ここから去ってください。」と告げます。

タンホイザーがエリーザベト(恋人)に思いを寄せ、城に戻る

 ヴォルフラム:タンホイザーの親友。密かにエリーザベトに想いを寄せている。
エリーザベト:ヘルマン1世の姪、タンホイザーの恋人

しかし親友のヴォルフラムが「エリーザベトのもとに残れ!」と叫ぶと、恋人を思い出し心が揺れ、タンホイザーは城に戻ることを決意します。
タンホイザーが「姫のところへ連れてってくれ!」と声を上げ、1幕は終わります。

第2幕:『タンホイザー』のあらすじ

タンホイザーとエリーザベトが再会を喜ぶ

ヴァルトブルク城「歌の広間」

エリーザベトが、「私の胸は高まっています。」「あの人はもうここから離れません!」と、タンホイザーへの思いを歌い上げています。(Dich, Teure Halle)

「Dich, Teure Halle」

そこにタンホイザーが登場します。
エリーザベトが「今までどこにいたの?」と尋ねますが、タンホイザーは答えをはぐらかします。

その後、二人は再会した喜びを情熱的に歌い上げます。

「歌合戦」が始まる~テーマは愛~

騎士や貴族たちがヘルマンを讃え登場します。(Einzug der Gäste)
それに続いてヘルマンが「歌合戦」の開催を宣言し、歌合戦のテーマは「愛」とされます。

「Einzug der Gäste/大行進曲」

まず最初にヴォルフラムが「愛の純粋さ」を歌い上げます。
それに対しタンホイザーは「官能的な愛」を訴え、ヴァルターは「徳」を、ビテロルフは「名誉」を訴えます。

タンホイザーが「ヴェヌスベルクの洞窟」にいたことが露見し、巡礼が命じられる

むきになったタンホイザーは「ヴェーヌス讃歌」を歌い上げます。
皆は「タンホイザーがヴェヌスベルクの洞窟にいた」ことを理解し、彼を非難します。

貴婦人たちが嫌悪感をあらわにし逃げていきますが、エリーザベトは残ります。
そして皆が「追放の処分」を願う中、エリーザベトは「タンホイザーの償いの機会」を求めます。

タンホイザーは、後悔の念に駆られます。
ヘルマンはタンホイザーに「ローマに巡礼し、償いをする」ように命じます。

第3幕:『タンホイザー』のあらすじ

巡礼を終えた人々の中に、タンホイザーはいない

ヴァルトブルク城近くの谷間

聖母マリア像の前で、エリーザベトが祈りを捧げています。
エリーザベトを密かに愛するヴォルフラムが、それを見守ります。

そこに巡礼を終えた人々の列が通ります。
しかし、そこにタンホイザーの姿はありません。

エリーザベトが「死」を覚悟して、マリアに祈りを捧げる

エリーザベトは「マリアよ、願いを聞いてください!」「私は死んでもかまいません!」と再び強く祈りを捧げます。
エリーザベトは近くにいたヴォルフラムに気づきます。

そしてヴォルフラムを制止すると、エリーザベトは高みへと進み、次第に見えなくなります。

"赦されなかった"タンホイザーが戻ってきて、絶望の中「ヴェヌスベルク」へ再び行こうとする

ヴォルフラムは天を眺めながら、エリーザベトの無事を祈ります。(Lied an den Abendstern)

「Lied an den Abendstern/夕星の歌」

そこに"ローマで赦しをもらえなかった"タンホイザーが帰ってきます。
タンホイザーは絶望し、ヴォルフラムに「ヴェヌスベルクへの道」を尋ねます。

ヴォルフラムが止める中、タンホイザーは「私が赦されることはない。」と自暴自棄になり、ついには「ヴェーヌス」の名を叫びます。

すると辺りが突然明るくなり、ヴェーヌスが現れます。
ヴェーヌスの誘いにのってタンホイザーは旅たとうとしますが、ヴォルフラムは必死にそれを止めます。

我に返ったタンホイザーが留まり、エリーザベトの亡骸の近くで息絶える

ヴォルフラムが「エリーザベトの名」を叫ぶと、タンホイザーは我に返ります。
そしてヴェーヌスの姿も消えてなくなります。

そこへ"タンホイザーのために命を投げうった"エリーザベトの亡骸を運ぶ葬列が近づいてきます。
タンホイザーは、その棺桶に倒れ込み息絶えます。

皆が神を讃える中で、オペラは終わります。

ワーグナー『タンホイザー』の映像

【輸入盤】日本語字幕なし

1978年バイロイトでの映像です。
ゲッツ・フリードリヒ(演出家)はこのオペラでバイロイトに衝撃的なデビューを飾り、その賛否両論で別れた演出は、当時大きな話題となりました。
第1幕ではパリ版(バレエ音楽が加わっている)が採用されており、バレエも見どころです。

【キャスト等】

タンホイザー:スパス・ヴェンコフ
エリーザベト、ヴェーヌス:ギネス・ジョーンズ
ヴォルフラム:ベルント・ヴァイクル
ヘルマン:ハンス・ゾーティン

ヴァルター:ロベルト・シュンク
ビテロルフ:フランツ・マツーラ
ラインマル:ハインツ・フェルトホフ
ハインリヒ:ジョン・ピッカリング

指揮:サー・コリン・デイヴィス
演出:ゲッツ・フリードリッヒ
バレエ振付:ジョン・ノイマイヤー