邦題 アドリアーナ・ルクヴルール
初演 1902年11月6日 ミラノ・リリコ劇場
原作 ウジェーヌ・スクリーブとエルネスト・ルグーヴェ共作の同名の戯曲
台本 アルトゥーロ・コラウッティ
演奏時間 2時間15分

『アドリアーナ・ルクヴルール(Adriana Lecouvreur)』は、フランチェスコ・チレア(Francesco Cilea/1866年-1950年)が作曲したオペラです。

実在した女優アドリエンヌ・ルクヴルールの生涯を描いた作品で、初演も大成功を収めました。
また現在チレアのオペラ作品の中で、唯一上演頻度の高い作品でもあります。

 初演は、エンリコ・カルーソ(マウリツィオ役)やジュゼッペ・デ・ルーカ(ミショネ役)といった歴史に残る大歌手たちが役を務めました。カルーソはチレアの「アルルの女」の初演でもフェデリコ役を歌っています。

ここではチレアのオペラ『アドリアーナ・ルクヴルール』のあらすじを紹介したいと思います。

主な登場人物

登場人物 詳細
アドリアーナ・ルクヴルール(ソプラノ) 女優
マウリツィオ(テノール) ザクセン伯爵。アドリアーナの恋人。
ブイヨン公爵(バス) 女優デュクロのパトロン
ブイヨン公爵夫人(メゾソプラノ) マウリツィオに恋している。
ミショネ(バリトン) 初老の舞台監督。アドリアーナを密かに恋している。

『アドリアーナ・ルクヴルール』の簡単なあらすじ

時間のない方のための簡単な「30秒あらすじ」
女優アドリアーナは、伯爵マウリツィオと恋人関係にあります。
一方、公爵夫人もマウリツィオに恋しており、アドリアーナと公爵夫人は「恋のライバル関係」です。

公爵夫人は、「マウリツィオから」と偽り「毒を盛ったスミレの花束」をアドリアーナに送ります。
アドリアーナがその毒で死に、オペラが終わります。

 実在した女優アドリエンヌ・ルクヴルールは、37歳の若さで急死しました。
公爵夫人が毒を盛ったという噂が広がりましたが、元々病弱だったため事実は定かではありません。

第1幕:『アドリアーナ・ルクヴルール』のあらすじ

開演前の舞台裏で、人々が行き交っている

コメディ・フランセーズ(劇団の名前)の控室

 コメディ・フランセーズは実在する劇団名で、現在まで続く「1680年結成のフランスを代表する王立の劇団」です。
1730年3月:パリ
舞台裏は開演前で騒々しく、ミショネ(初老の舞台監督)は雑用で慌ただしくしています。

そこにブイヨン公爵(女優デュクロのパトロン)が僧院長(オシャレな若者)を連れてきます。
公爵が現れたアドリアーナ(女優)の美しさを称えると、アドリアーナは「私は創造の神のしもべにすぎません。」と謙虚に答えます。(Io son l'umile ancella)

"Io son l'umile ancella"

公爵は「女優デュクロが、楽屋で"自分宛ではない手紙"を書いている。」ことを知ると、僧院長にお金を渡して「(手紙を)手に入れたい!」と頼みます。

 公爵のパトロンである女優デュクロは、オペラには一度も登場しません。

ミショネの「アドリアーナへの愛」がスルーされる

やがてミショネ(初老の舞台監督)とアドリアーナ(女優)の2人きりになります。
ミショネは「やっと二人きりになれた。5年前からひっそり愛し続けたんだ。今日こそ告白しよう!」とつぶやきます。

ミショネはアドリアーナに「叔父の遺産が入ったから結婚しようと思うんだよね。」と暗に愛を告白します。
しかしアドリアーナは自分が相手だとは思わず、「私もザクセン伯爵の旗手を愛しているのよ。」と自分の恋人について語りだします。

アドリアーナとマウリツィオが愛を確かめ合う

ミショネが去ると、マウリツィオ(アドリアーナの恋人)が現れます。
マウリツィオは「アドリアーナの美しさ」を称え(La dolcissima effigie)、二人は愛を確かめ合います。
アドリアーナは「スミレの花束」を彼の胸につけてあげ、舞台の本番に向かっていきます。

 アドリアーナはマウリツィオを「伯爵の旗手」だと思っていますが、彼は実は「伯爵自身」です。
旗手とは、名前の通り軍の行進などで旗を持つ人のことです。

"La dolcissima effigie"

公爵が「愛人(実は妻)の密会」を邪魔する計画を立てる

一方、公爵と僧院長は「デュクロの手紙」を手にしています。

手紙は「別荘で、政治的打ち合わせのために会いましょう。コンスタンス(偽名)より。」と筆跡を変え偽名で書かれた「マウリツィオとの密会の手紙」でした。

公爵は「愛人の密会」を邪魔しようとします。
そして、計画を防ぐために「同じ場所でパーティーを開く。」ことにします。

 公爵は「愛人とマウリツィオの密会」と思っていますが、これは実は「公爵夫人とマウリツィオの密会」です。
デュクロが公爵夫人の代わりに筆跡を変えて、代筆をしていたわけです。

別荘で「密会」と「パーティー」の予定が重なる

マウリツィオは、終演後にアドリアーナと会う約束をしています。
しかし「デュクロの手紙」を受け取り、予定が重なってしまいます。
マウリツィオは人づてでアドリアーナに断りの伝言を残し、別荘に向かいます。

一方、アドリアーナも公爵にパーティーに招待され、別荘に向かいます。

 マウリツィオは既に公爵夫人に冷めています。

第2幕:『アドリアーナ・ルクヴルール』のあらすじ

マウリツィオが「スミレの花束」を公爵夫人に渡す

ブイヨン公爵の別荘
マウリツィオは待ち合わせに遅刻しています。
ブイヨン公爵夫人は"愛するマウリツィオの到着"を苛立ちながら待っています。(Acerba voluttà, dolce tortura)

“Acerba voluttà, dolce tortura”

そこにマウリツィオが「スミレの花束」を胸に指したまま現れます。
公爵夫人は花束に気づき疑いを持つと、マウリツィオはとっさの判断で「これはあなたのために」と"スミレの花束"を公爵夫人にプレゼントします。

公爵が到着し、公爵夫人が隠れる

さらに公爵夫人は「マウリツィオが既に自分に冷めている」ことに気づき、新しい相手を知りたがります。
そこに公爵が現れるので、公爵夫人は急いで隣の部屋に隠れます。

 現れた公爵と僧院長は「デュクロとマウリツィオが密会している」と勘違いしています。公爵は愛人デュクロに飽きているので、マウリツィオにそれほど怒りはありません。

マウリツィオの身分が明らかになるが、二人の愛は変わらない

やがてアドリアーナも別荘に到着します。
公爵が"マウリツィオをザクセン伯爵"と紹介するので、アドリアーナは「マウリツィオは実は伯爵だった」と知り驚きます。

アドリアーナは驚きますが、二人は変わらぬ愛を誓いあいます。

アドリアーナが恋敵を逃がしてしまう

続いて、マウリツィオはアドリアーナに「隣に隠れている女性を逃がしてほしい。政治に関する人なんだ。」と頼みます。

暗がりで顔が見えない中で、アドリアーナは公爵夫人を逃がします。
しかし、二人は会話の中で「お互いが恋敵」だということに気づきます。

アドリアーナは恋敵を逃がしたことを悔しがり、「公爵夫人が落としていった腕輪」を手にします。

第3幕:『アドリアーナ・ルクヴルール』のあらすじ

アドリアーナと公爵夫人は「お互いが恋敵」だということを知る

ブイヨン公爵邸
パーティーが開かれており、公爵夫人は「恋敵の名前と身分」を知りたがっています。
そこにアドリアーナが到着し、公爵夫人は彼女の声で「恋敵はアドリアーナ」だと疑います。

公爵夫人が「マウリツィオが決闘で重傷を負った。」と嘘をつくとアドリアーナが失神するので、公爵夫人は「アドリアーナが恋敵」だと確信します。
そこにマウリツィオが元気な姿で登場し、「ロシア軍を撃破した話」を喜ばし気に語ります。

余興が終わると、アドリアーナと公爵夫人は「お互いが恋敵」であることを確認し合います。

 公爵夫人は「スミレの花束」を、アドリアーナは「公爵夫人の腕輪」をそれぞれ見せ合います。

恋敵の2人が「皮肉」を言い合う

公爵夫人はアドリアーナに「恋人に捨てられたアリアドネの台詞を朗読してよ。」と語ります。
するとアドリアーナはその代わりに「不倫を告白するフェードラ」の台詞を読み上げます。

公爵夫人が怒りをあらわにする中で、アドリアーナは去っていきます。

第4幕:『アドリアーナ・ルクヴルール』のあらすじ

アドリアーナは体調を崩している

アドリアーナの家
マウリツィオは国に帰ってしまい、アドリアーナは嫉妬と悲しみで体調を崩しています。

そこにミショネや仲間たちが現れ、彼女を励まします。

アドリアーナが「届いたスミレの花束」にキスをする

そこに「マウリツィオより」と書かれた小箱が届きます。
アドリアーナが箱を開けると「しおれたスミレの花束」が出てきます。

 「スミレの花束」は、第1幕でアドリアーナがマウリツィオにあげたものです。
第2幕で、マウリツィオはその花束を公爵夫人に渡しています。

アドリアーナはその花にキスをし、失恋の悲しみを歌います。(Poveri fiori)
絶望したアドリアーナは、花束を暖炉に投げ込みます。

"Poveri fiori"

マウリツィオが現れ、二人の愛が再燃する

そこに突然マウリツィオが現れます。

 マウリツィオは手紙でアドリアーナの病状を知り、心配で駆けつけました。

マウリツィオの後悔の念と熱い愛情に、アドリアーナは心を動かされます。
そして再び二人は愛情を確かめ合います。

アドリアーナが「公爵夫人が盛った毒」で息絶える

しかし、アドリアーナの容態が突然悪化します。

「スミレの花束」は公爵夫人が送ったもので、花束には毒が盛られていたのでした。
アドリアーナは「舞台と幸せな生活の幻影」をみながら息絶え、オペラの幕が静かに下ります。