邦題 アンドレア・シェニエ
初演 1896年3月28日 ミラノ・スカラ座
原作 ジュール・バルビエの小説『アンドレ・シェニエ』
台本 ルイージ・イッリカ
演奏時間 2時間弱

ウンベルト・ジョルダーノ(Umberto Giordano/1867年-1948年)のオペラ『アンドレア・シェニエ(Andrea Chénier)』は、ヴェリズモ・オペラの傑作として知られている彼の代表作です。

ジョルダーノは1890年にソンゾーニョ社の一幕物オペラ・コンクールに作品(作品名:マリーナ/Marina)を応募します。
結果は落選してしまいましたが、ソンゾーニョ社より才能を見出されます。
そしてようやく成功した4作目のオペラが『アンドレア・シェニエ』でした。

 ちなみに、その時のコンクール第1位がマスカーニのオペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』でした。

『アンドレア・シェニエ』は実在した人物を描いた作品で、台本はアルベルト・フランケッティ(貴族出身の作曲家)から無償で譲り受けたものでした。
貴族出身で競争意識が低いせいか、フランケッティはプッチーニに『トスカ』の台本も無償譲渡しています。

ここではジョルダーノのオペラ『アンドレア・シェニエ』のあらすじを紹介したいと思います。

主な登場人物

登場人物 詳細
アンドレア・シェニエ(テノール) 詩人。
マッダレーナ・ディ・コワニー(ソプラノ) 伯爵家の令嬢。シェニエに恋する。
カルロ・ジェラール(バリトン) 伯爵家の召使。後に革命政府の一員。
ルーシェ(バス) シェニエの友人。
コワニー伯爵夫人(メゾソプラノ) マッダレーナの母親
ベルシ(メゾソプラノ) マッダレーナの召使。
マデロン(メゾソプラノ) 老女

アンドレア・シェニエとは?

アンドレア・シェニエは(1762年-1794年)は、フランス革命の頃の詩人で、ロマン主義文学運動の先駆者のひとりとして知られています。
シェニエは、恐怖政治が終わる3日前に「国家反逆罪」で斬首刑となりました。

『アンドレア・シェニエ』の簡単なあらすじ

時間のない方のための簡単な「30秒あらすじ」
【第1幕】フランス革命直前
伯爵家のパーティーで、シェニエは「貴族を批判し、愛を賛美する詩」を披露します。
それを聞いた伯爵令嬢マッダレーナは、シェニエに恋します。


【第2幕】フランス革命の最中
シェニエとマッダレーナは再会し、二人は恋に落ちます。
しかしシェニエが革命政府に捕まり、死刑が宣告されてしまいます。

そこで、マッダレーナは「見知らぬ女性死刑囚の身代わり」となり一緒に死ぬことを決意します。
二人が永遠の愛を誓い、一緒に死刑台に運ばれる中でオペラが終わります。

第1幕:『アンドレア・シェニエ』あらすじ

伯爵家でパーティーが開かれている

パリ郊外:コワニー伯爵家
1789年(フランス革命勃発の年)
伯爵家では、パーティーの準備がおこなわれています。

ジェラール(召使)は父親(60年間召使として従事している)が働く後姿を見ながら、貴族の派手な生活を批判します。
一方で、ジェラールは伯爵家の娘マッダレーナを密かに愛しています。

シェニエが貴族を批判し、愛の大切さを訴える

やがて伯爵夫人やマッダレーナ、客人たちも現れ、シェニエ(詩人)も登場します。
伯爵夫人はシェニエに話しかけますが、不愛想なシェニエは少し偏屈な態度をとります。

その様子を見たマッダレーナは「あの人に詩を読ませてみよう!」とシェニエを挑発します。
シェニエが「詩は恋のように気まぐれなもの…」と返すと、マッダレーナは彼をからかいます。

憤慨したシェニエは「恋がどういうものか、お目にかけましょう!」と詩を歌います。(Un di all'azzurro spazio)

"Un di all'azzurro spazio"

 シェニエが「老人がパンを求めた時に手をかさなかった…貴族は何をしているんだ!?」と貴族たちを批判した後に「愛を軽蔑するな!愛こそが世界の魂で生命なんだ!」と情熱的に歌います。

マッダレーナがシェニエに恋心を持ち、ジェラールも彼の考えに共感する

それに対し貴族は拒否反応を示しますが、マッダレーナはシェニエに恋心を覚えます。

さらにジェラール(召使)もシェニエに共感し、尊敬の念を覚えます。
ジェラールは制服を脱ぎ捨て、伯爵家から仲間を連れて出ていきます。

伯爵夫人たちはショックを受けますが、そのままダンスは続けられます。

第2幕:『アンドレア・シェニエ』あらすじ

シェニエは「手紙をくれる女性」が気になっている

革命下のパリ
1794年(第1幕から5年後)
密偵がシェニエを監視しています。

ルーシェ(シェニエの友人)がシェニエの前に現れると、ルーシェは「この通行証で逃げろ。ここは危険だ。」とシェニエを心配します。
しかしシェニエは「嫌だ!実は、僕に手紙をくれる見知らぬ女性に会いたいんだ。僕はまだ恋をしたことがない。」とそれを拒否します。

 一方、革命政府の一員となったジェラールは「片想いの相手マッダレーナ」を探しています。密偵も彼らの一味です。

シェニエとマッダレーナが「永遠の愛」を誓う

夜が更けると、シェニエのもとにマッダレーナが現れます。
そこでシェニエは「手紙の差出人が伯爵令嬢のマッダレーナ」だったことを初めて知ります。

マッダレーナは「危険と悲しみの中、あなただけを頼りに生きてきました。」と愛を告白します。
それにシェニエは「僕の腕の中にいればもう怖くない。死ぬまで一緒にいよう!」と愛で答えます。

シェニエとマッダレーナが離れ離れになる

そこに密偵とジェラールが現れます。

 密偵がシェニエを監視しているところに、マッダレーナは現れました。
密偵は「マッダレーナこそがジェラールが探している女性」だと気づき、ジェラールを呼びに行きました。

シェニエはマッダレーナを逃し、ジェラールと決闘になり傷を負わせます。
そのときジェラールは「決闘相手が、かつて共感した詩人」であることに気づきます。

ジェラールはシェニエを逃がし、さらに「知らない奴にやられた。」と語り彼をかばいます。

第3幕:『アンドレア・シェニエ』あらすじ

シェニエが捕えられ、ジェラールが「シェニエ告発状」にサインする

革命裁判所の大広間
ジェラールが「フランスは血と涙を流している!」と演説し、感動した群衆が寄付をしています。
そこに密偵が現れ「シェニエを捕まえた。シェニエをおとりにして、マッダレーナをおびき出そう。」とジェラールに語ります。
そして「シェニエの告発状」にサインするよう求めます。

ジェラールはサインをしながら、「恋のために革命を掲げる複雑な心情」を歌い上げます。(Nemico della Patria)

"Nemico della Patria"

 ジェラールが「私は聖なる叫びを拒み、心は憎しみで溢れている。」「私は肉欲の虜になってしまった!」と歌います。

ジェラールが改心する

そこにマッダレーナが「シェニエ助命の嘆願」に現れます。
ジェラールは「あなたを手に入れるために、あなたの恋人を捕まえました。」と愛を告白します。

それに対しマッダレーナは「母が殺されてから、私は愛を頼りに生きてきたのです。」と苦しい心の内を告白します。(La mamma morta)

"La mamma morta"

それに心を打たれたジェラールは改心し、シェニエを助けようと決心します。

シェニエに「死刑」が宣告される

革命裁判がシェニエの番になると、シェニエは告発状は嘘であることを訴えます。
ジェラールもシェニエを弁護しますが、群衆の興奮を抑えることはできません。

シェニエは死刑を宣告され、マッダレーナは崩れ落ちます。

第4幕:『アンドレア・シェニエ』あらすじ

シェニエが監獄で「辞世の句」を歌う

監獄
シェニエは訪れた友人ルーシェに「辞世の句(人がこの世を去るときに読む詩)」を読み上げます。(Come un bel dì di maggio / 五月の晴れた日のように)

"Come un bel dì di maggio"

 シェニエが「五月の晴れた日のように…詩に託して、死にゆく男の魂をあなたに捧げましょう。」と歌います。

マッダレーナは「見知らぬ死刑囚」の身代わりとなる

ルーシェが去ると、ジェラールの計らいでマッダレーナが現れます。
マッダレーナは牢番にわいろを渡し「私をレグレイ(女死刑囚)の身代わりにして!」と頼みます。

ジェラールは最後の嘆願をしに去っていきます。

シェニエとマッダレーナが死刑台へ運ばれていく

シェニエとマッダレーナは「私たちの愛は、魂の愛!」と語りあい、共に死ねることを喜びます。

夜が明けると、シェニエとマッダレーナ(レグレイの身代わり)が呼ばれます。
二人は「さあともに、死に栄光あれ!」と叫び、護送車に乗り死刑台に運ばれていきます。

入れ違いに、助命を拒まれたジェラールが再び現れオペラが終わります。