ベートーヴェンの「6つのエコセーズ」は、彼が30代半ばの1806年頃に作曲されたと考えられています。
すべて変ホ長調で作曲されていて、通常は6曲続けて演奏されます。

エコセーズ(Ecossaise)は18世紀末から19世紀初めにかけて流行したスコットランドのダンスのことで、通常は4分の2拍子で演奏されます。

 ベートーヴェンは「6つのエコセーズ」の他にも、
エコセーズ ニ長調 WoO.22(吹奏楽曲)
エコセーズ ト長調 WoO.23(吹奏楽曲)
エコセーズ 変ホ長調 WoO.86(ピアノ独奏曲)
などのエコセーズを作曲しています。
 「6つのエコセーズ」と同じ頃に作曲されたベートーヴェンの代表作としては
1806年:ピアノソナタ第23番「熱情」
1806年:レオノーレ序曲第3番
1807年~:交響曲第5番「運命」
などがあげられます。

難聴を乗り越えたベートーヴェン

ベートーヴェンは20代後半から耳の状態が悪化し、28歳のころには聴覚をほとんど失ってしまったと言われています。
自殺(1802年『ハイリゲンシュタットの遺書』)を考えたこともありましたが、ベートーヴェンはそれを乗り越え音楽家としてさらに飛躍します。

1804年の交響曲第3番を皮切りにベートーヴェンは次々と傑作を生みだし、その後のベートーヴェンの10年間は「傑作の森」と呼ばれています。
「6つのエコセーズ」は、まさにその頃(1806年)に書かれた作品だと考えられています。

ベートーヴェン「6つのエコセーズ」の演奏

無料楽譜

ベートーヴェン「6つのエコセーズ」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜