ツェルニー「30番練習曲」(Op.849)は、中級者のピアノ練習曲としてよく使われる曲です。
バイエルを終え、ツェルニー100番、ソナチネ、ブルグミュラー等を経て演奏されることも多いと思います。

「技法の練習曲(30 Études de mécanisme)」の名が付けられている通り、強弱・速さやその他表現を含めたピアノのテクニックが学べる教本です。

ツェルニーの生涯

カール・ツェルニー(Carl Czerny/1791年-1857年)は、音楽の街ウィーンで生まれました。
そして、その生涯のほとんどをウィーンで過ごしました。
また名前のスペルを見るとわかるように、チェコの血が入っており、幼少期の家庭内ではチェコ語が使われていたそうです。

彼の生涯を少し見てみると、10歳の時にベートーヴェンに弟子入りし、3年間ピアノを習っています。
また幼少の頃からピアニストの才能も認められてきたツェルニーでしたが、彼はピアニストとしてではなく、作曲家・教育家の道を選びました。
ただベートーヴェン「皇帝」のウィーンでの初演をツェルニーが演奏していることからも、彼はピアノの演奏力も優れたいたことが想像できます。

ツェルニーは生涯で1,000曲以上の膨大な作品を作曲し、現在ではピアノ練習曲の作曲で幅広く知られています。

ツェルニー「30番練習曲」の演奏

無料楽譜

ツェルニー「30番練習曲」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜