項目 データ
初演 1859年3月19日 リリック劇場(パリ)
原作 ゲーテの劇詩『ファウスト』
台本 ジュール・バルビエ、ミシェル・カレ
演奏時間 2時間50分

『ファウスト(Faust)』は、シャルル・グノー(Charles Gounod/1818年-1893年)によって作曲されたオペラです。
オペラの題材には、ドイツの文豪ゲーテの劇詩『ファウスト』が使われています。
このオペラの劇中には名曲が散りばめられており、コンサートで単独で使われるアリアがいくつも登場します。

ちなみに日本で最初に上演されたオペラは、このグノーの『ファウスト』だと言われています。

グノーは、その他に『ロメオとジュリエット(Roméo et Juliette)』や『ポリュクト(Polyeucte)』などのオペラを遺しました。
そして美しい歌曲も数多く作曲し、「フランス近代歌曲の父」とも呼ばれています。

ここではグノーのオペラ『ファウスト』のあらすじを紹介したいと思います。

主な登場人物

ファウスト(テノール):年老いた学者。メフィストフェレスの魔力で若返る。
メフィストフェレ(バス):悪魔。ファウストに魂と引き換えに若さを与える。

マルグリート(ソプラノ):ファウストと恋仲になる。
ヴァランタン(バリトン):マルグリートの兄。兵士
ジーベル(メゾソプラノ):村の若者。ヴァランタンの友人で、マルグリートに恋をしている。
マルト(メゾソプラノ):マルグリートの隣人
ワーグナー(バリトン):ヴァランタンの友人

第1幕:『ファウスト』のあらすじ

ファウスト博士の書斎

ファウストは長年の研究生活に絶望している。

そして
「神は私のために何ができる?」
「人間の快楽よ、呪われろ。サタンよ、私のもとに!」
と叫ぶ。

メフィストフェレと悪魔の契約を交わす

すると悪魔メフィストフェレが紳士の格好をして現れる。
メフィストフェレがファウストに望みを尋ねると、ファウストは「青春、快楽、恋人が欲しい!」と答える。

メフィストフェレは代わりに「あの世でお前は私のものとなれ。」と要求する。
そして若く美しいマルグリートの幻影を映し出す。

ファウストが契約に署名すると、彼は若返り、マルグリートの幻影も消える。

若返ったファウストが「再び彼女に会えるのか?」と尋ねると、
メフィストフェレは「今日にでも会える」と答える。

第2幕:『ファウスト』のあらすじ

街の居酒屋

皆が酒を飲み盛り上がっている。

兄ヴァランタンと友人たち

そこに出征を前にしたヴァランタンが現れる。
ヴァランタンは妹マルグリートを残していくことが心配で、友人のジーベルに妹の世話をお願いする(Avant de quitter ces lieux)。
※母は既に亡くなっている。

友人ワーグナーは「心配事は気にせずに、ワインを楽しもう!」と歌う。

「Avant de quitter ces lieux」

メフィストフェレの登場

そこにメフィストフェレが現れ、「あなたたちの仲間にしてください。」と頼む。
そして歌を1曲披露する。(Le veau d'or est toujours debout! )

「Le veau d'or est toujours debout!」

メフィストフェレが無理やり仲間に加わると、彼は手相を見だす。
そして
「(ワーグナーに)あなたは戦争で死んでしまいますよ。」
「(ジーベルに)あなたの触れた花は枯れてしまう。マルグリートにはもう花はプレゼントしないほうがいい。」
と悪態をつく。

怒ったヴァランタンは剣を抜き襲い掛かる。
しかし空気中で剣は折れてしまう。

皆は「この魔力からは逃げられない。」とメフィストフェレを恐れる。
そして、折れた剣で十字架を作り彼にかざし、退場する。

メフィストフェレとファウスト

皆と入れ替わりにファウストが登場する。

そしてメフィストフェレに、
「(幻影の)美しい娘はどこにいる?」
「彼女のところに連れていかないと、お前とはお別れだ」
と言う。

メフィストフェレは「ここに現れます。」と答える。

ファウストとマルグリート

娘たちが現れ、楽しく踊りを始める。
ファウストはその中から幻影の女性(マルグリート)を見つけ出す。

ジーベルがマルグリートに話しかけようとするが、メフィストフェレが邪魔をする。
その間にファウストがマルグリートに言い寄るが、相手にされず撥ね付けられてしまう。

メフィストフェレが「博士、私があなたの恋を手伝いましょう。」と語り、二人は去っていく。

第3幕:『ファウスト』のあらすじ

マルグリートの家の庭

ジーベルが「僕の告白を彼女に告げてくれ(Faites-lui mes aveux)」と愛を歌っているが、
「でも魔法使いの呪いで、花が萎れてしまう。」と嘆いている。

しかし、聖水に指を浸すと花が枯れないことに気付き、その手で花束を作り戸口に掛ける。

「Faites-lui mes aveux」

続いてファウストがメフィストフェレに連れられて現れる。

ファウストは
「この清らかな住まいよ。ここに無垢で聖なる魂が宿る!」
とマルグリートの生活の様子を歌う。(Salut! demeure chaste et pure)

そしてジーベルの花束の近くに、メフィストフェレの用意した宝石箱を置いて立ち去る。

「Salut! demeure chaste et pure」

マルグリートひとり

マルグリートが先ほど出会ったファウストのことを思い出し、それに重ねて「トゥーレ王の歌」を歌っている。
そして戸口の花束を見つけ、続いて宝石箱を見つける。

彼女は「こんな宝物を今まで見たことがない」と喜び、
宝石を身につけて、オシャレを楽しみながら歌を歌う。(Ah! je ris de me voir)

「Ah! je ris de me voir」

ファウストとマルグリート

そこにマルタが訪れてくるが、メフィストフェレが彼女を口説き、巧みに連れ出す。

続いてファウストが現れ、マルグリートに愛を告白する。
マルグリートはファウストに惹かれながらも一歩踏み出せずにいる。
そして夜になると、マルグリートはファウストに別れを告げる。

ファウストは「あなたから離れろなんて」と嘆く。
マルグリートは「私を愛しているのなら、愛のために行ってください。」と返す。

しかし最後にはマルグリートが、「私のところに早く戻って来てください、愛する人よ。」と叫ぶ。

それを見たメフィストフェレが高笑いし、幕が下りる。

第4幕:『ファウスト』のあらすじ

第4幕:第1場

マルグリートの部屋
3幕から1年後

マルグリートはファウストに捨てられ、お腹には彼の子供がいる。
周りはそんなマルグリートを嘲笑している。

マルグリートは
「彼は戻ってこない」と嘆きながらも
「もし彼が来てくれたら、何いう喜びでしょう!」
とファウストを諦めきれずにいる。

そんなマルグリートをジーベルは優しく慰める。

第4幕:第2場

教会の中

マルグリートが神に祈りを捧げている。

そこにメフィストフェレが現れ
「神はお前に許しを与えない。」
「お前は呪われ、地獄に落ちる。」
と脅す。

マルグリートは悲鳴を上げ意識を失う。

第4幕:第3場

街中

ヴァランタンの帰還

兵士たちが帰還し、その中には兄ヴァランタンの姿もある。
ヴァランタンはジーベルのただならぬ様子から、マルグリートの身を案じる。
そして家の中に入っていく。

メフィストフェレとファウスト、ヴァランタン

家の側ではメフィストフェレがファウストをからかい、歌を歌っている。(Vous qui faites l'endormie)

二人の前に、状況を理解し怒ったヴァランタンが家の外に出てくる。
ヴァランタンは剣を抜きファウストと決闘になる。

ファウストはメフィストフェレの魔力の手助けでヴァランタンを倒す。

マルグリートがジーベルに支えられて現れる。
ヴァランタンは「妹のために死ぬ」と言い、最後は妹を呪いながら息絶える。

第5幕:『ファウスト』のあらすじ

第5幕:第1場

ハルツ山地、夜

悪魔や魔女が踊っている中に、メフィストフェレとファウストが現れる。
メフィストフェレはファウストを美しい女王たちで魅了するが、そこにマルグリートの幻影が現れる。

ファウストのマルグリートへの愛情が再び燃え上がる。

第5幕:第2場

牢獄

正気を失ったマルグリートは自分の子供を殺してしまい、牢に入っている。

そこにファウストが現れる。
二人は昔の思い出を語り合う。

ファウストは「逃げよう!」とマルグリートを連れ出そうとするが、彼女はそれを拒否する。
そこにメフィストフェレが急かしに来る。

マルグリートはメフィストフェレを見て、
「悪魔だ!悪魔だ!」と叫び、
「清らかな天使たちよ、私の魂を天に運んでください」と祈りを捧げる。

マルグリートは息絶え、天に昇って行く。
ファウストは天に祈りを捧げ、メフィストフェレは大天使ミカエルの光輝く剣に成敗される。