項目 データ
初演 1842年3月9日 ミラノ・スカラ座
原作 旧約聖書
台本 テミストークレ・ソレーラ
演奏時間 2時間

『ナブッコ(Nabucco)』は、ジュゼッペ・ヴェルディ(Giuseppe Verdi/1813年-1901年)によって作曲されたオペラで、彼にとって3作目のオペラです。
彼にとって初めての大ヒット作で、この大成功でヴェルディは一躍有名になりました。

第3幕の合唱「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って(Va, pensiero)」は特によく聴かれる旋律で、当時オーストリアの支配下に合ったイタリアを鼓舞しました。
またこの合唱部分は、ヴェルディ自身の葬儀でトスカーニの指揮によって演奏されました。

ここではヴェルディのオペラ『ナブッコ』のあらすじを紹介したいと思います。

主な登場人物

登場人物 詳細
ナブッコ(バリトン) バビロニアの王
フェネーナ(Sp/Ms) ナブッコの娘。イズマエーレの恋人。
アビガイッレ(ソプラノ) ナブッコと奴隷の間の子供。フェネーナの姉。
イズマエーレ(テノール) エルサレム王の甥。フェネーナの恋人。
ザッカリア(バス) ヘブライ人の大祭司。

『ナブッコ』の簡単なあらすじ

時間のない方のための「簡単なあらすじ」

 紀元前587年:エルサレムとバビロニアは敵対関係にあります。

【第1幕】
ナブッコ(バビロニア軍)がヘブライ人(エルサレム)を攻撃します。
ヘブライ人は敗退し、囚われの身となります。

 イズマエーレ(エルサレム王の甥)とフェネーナ(ナブッコの娘で、エルサレムで人質になっている)は敵国関係でありながら、恋人関係にあります。
イズマエーレは戦争中、母国を裏切り、フェネーナを助けます。

【第2幕】
アビガイッレ(ナブッコと奴隷の間の子供)は「自分が奴隷の子であるために王位につけず、フェネーナが王位継承者になる。」と知り、復讐を誓います。
神を冒涜したナブッコが雷に打たれ錯乱状態となり、アビガイッレが王座を奪います。


【第3幕】
アビガイッレの挑発に乗せられたナブッコが「フェネーナやヘブライ人の死刑の執行状」にサインをしてしまいます。


【第4幕】
正気に戻ったナブッコが、フェネーナとヘブライ人たちの処刑を止めに入ります。
復権したナブッコがヘブライ人たちを解放し、帰国を許します。
アビガイッレは毒を飲んで死にます。

第1幕:『ナブッコ』のあらすじ

エルサレムには人質・フェネーナ(敵国バビロニアの王女)がいる

エルサレムのソロモンの神殿の内部

ヘブライ人たちがバビロニア軍の侵攻を恐れ、神に祈りを捧げています。

大祭司ザッカリアがバビロニアの王女フェネーナ(人質)を連れて現れます。
フェネーナを指さし、「敵の王の子が、私たちに平和をもたらすだろう。」と歌います。(Sperate o figli/D'Egitto là sui lidi)

そこに、エルサレム王の甥イズマエーレが現れ、「敵が攻めてくる。」と告げます。
ザッカリアはイズマエーレにフェネーナを預けて、去っていきます。

「Sperate o figli/D'Egitto là sui lidi」

イズマエーレとフェネーナは敵国同士だが、想いを寄せあっている

イズマエーレとフェネーナは二人きりになります。

イズマエーレは「かつてバビロニアにいたときに、フェネーナが自分を牢獄から助けてくれた」ことを語り、
「私もあなたに自由への道を開きたい。(あなたを逃がしたい)」と告げます。

そこにイズマエーレに恋しているアビガイッレ(フェネーナの姉)が現れる。
そして
「バビロニア軍は既に神殿を占領した。」
「しかし、もしも私を愛してくれるのならば、私はあなたの民を救いましょう。」
とイズマエーレに語ります。

イズマエーレは「命は捨てられても、心は捨てられない。」と断ります。

イズマエーレがフェネーナを助け、自国から非難を浴びる

ナブッコ(バビロニア軍)が神殿に侵攻

敵は勢いを増し、ナブッコ王(敵)は神殿にまで侵攻してきます。

ザッカリアはフェネーナに短剣をかざし、
「神殿を汚すのであれば、お前の娘を刺す」
とナブッコに叫びます。

しかしフェネーナを刺そうとしたときに、恋人イズマエーレが止めに入ります。
フェネーナは父ナブッコのもとに逃げます。

怒ったナブッコは、「神殿に火をつけ、敵を虐殺しろ」と命じます。
ヘブライ人たちはイズマエーレの裏切りに怒り、混乱の中で幕が下ります。

第2幕:『ナブッコ』のあらすじ

アビガイッレ(ナブッコと奴隷の子供)が王座を狙い、復讐の炎を燃やす

ナブッコの宮殿

アビガイッレが手紙を持って登場します。

内容は、
「アビガイッレはナブッコと奴隷の間の子供だった。」
「それで、ナブッコは妹のフェネーナに王位を譲ろうとしている。」
というものでした。

アビガイッレはそのことに怒り、悲しみを歌います。(Anch'io dischiuso un giorno)

「Anch'io dischiuso un giorno」

そこに大司教が現れ、
「フェネーナがヘブライ人を解放している。これを止めてほしい。」
「私たちはあなたに王になって欲しいんだ。」
「既にナブッコが倒れたという噂も広げてあるから。」
と告げます。

アビガイッレは「私が王座に就きましょう。」と復讐の炎を燃やします。

ザッカリアが神に「自国の復活」を祈る

捕らわれたザッカリアが神に自国の復活の祈りを捧げ(Vieni, o Levita)、フェネーナの部屋に入って行きます。

入れ違いでイズマエーレが入ってきます。
イズマエーレは、周りにいた者たちに裏切り者だと非難されます。

しばらくすると、ザッカリアがフェネーナと共に戻ってきます。
ザッカリアは二人をかばいます。

そこに老臣アブダッロがフェネーナの前に現れ、「逃げて下さい。」と叫びます。
そして「ナブッコ王の死の噂が広まり、民衆がアビガイッレを求めている!」と告げます。

雷がナブッコの王冠に落ち、ナブッコは精神錯乱状態となる

アビガイッレの登場

そこにアビガイッレが現れ、「王冠を渡しなさい。」とフェネーナに告げます。

その時、ナブッコが群衆をかき分けて、登場します。
そして王冠を自分の頭に乗せます。

ナブッコは「神は滅んだ。神は唯一、それはお前たちの王(私)だけだ!」と傲慢に叫びます。
すると雷がナブッコの王冠に落ち、ナブッコは精神錯乱状態となります。

皆は、「天が罰を与え、雷を落としたのだ。」と恐れます。

ナブッコは「私から王位を奪うのは誰だ!」と歌います。
アビガイッレが落ちた王冠を拾い上げたところで、幕が下ります。

第3幕:『ナブッコ』のあらすじ

アビガイッレが王座についている

バビロニアの宮殿の空中庭園
アビガイッレとナブッコ

アビガイッレは王座につき、民衆がアビガイッレに忠誠を歌っています。
そして大司教がアビガイッレに「フェネーナやヘブライ人の死刑の執行状」を手渡します。

そこにナブッコがボロボロの姿で現れます。
ナブッコはアビガイッレが王座にいることに驚き、怒りをあらわにします。

ナブッコが「死刑の執行状」にサインをしてしまう

ナブッコはアビガイッレに挑発され、急かされ「死刑の執行状」にサインをしてしまいます。
ナブッコはその中に娘のフェネーナもいることに気付きますが、アビガイッレは「もう救うことはできない。」と答えます。

ナブッコは「この奴隷が」となじり、「アビガイッレが奴隷の生まれであることが書かれた書類」を見せます。
アビガイッレはその書類を破り捨てます。

ナブッコは「娘を私に返してくれ」と懇願するが、アビガイッレは全く聞き入れません。

捕虜たちが故郷を想い歌い上げる

ユーフラテス川の河畔

ヘブライ人たちは捕虜となり、働かされています。

そしてここで、故郷を想い祈りが捧げられ、「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って(Va, pensiero)」が歌われます。

「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って(Va, pensiero)」

ザッカリアは
「立ち上がれ、苦悩に満ちた兄弟たちよ」
「恥ずべき鎖は未来ではなくなるだろう」
とバビロニアの滅亡を予言し、皆を鼓舞します。

第4幕:『ナブッコ』のあらすじ

ナブッコが正気を取り戻す

ナブッコは深い眠りから覚め、自分が鎖に繋がれていることに気付きます。

舞台裏から「フェネーナに死を!」という叫びが聞こえます。

ナブッコは神を冒涜したことを悔います。(Dio di Giuda!)

「Dio di Giuda!」

そこに老臣アブダッロが現れます。
アブダッロはナブッコが正気に戻っていることを喜びます。

ナブッコは彼らを率いてフェネーナを助けに向かいます。
そして「私は王に返り咲く」と力強く歌います。

ナブッコがヘブライ人を解放する

空中庭園

フェネーナとヘブライ人たちの処刑が行われようとしています。
そこにナブッコと兵士たちが現れ、死刑を止めに入ります。

ナブッコが兵士たちに「(バビロニアの神を祀った)忌わしき偶像を壊せ」と命じると、偶像は自然に壊れます。
皆は「神の奇跡だ。」と驚き、全能なるエホヴァの神を称えます。

ナブッコはヘブライ人たちに帰国を許します。
アビガイッレは毒を飲んで、ナブッコやフェネーナに許しを請いながら息を引き取ります。

ザッカリアが「エホヴァの神に仕える者は、王の中の王になるであろう。」と歌い全幕が終わります。

ヴェルディ『ナブッコ』の映像

2001年、メトロポリタン歌劇場でのライブ映像です。
アンコールで第3幕の合唱「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って(Va, pensiero)」が歌われています。
マリア・グレギーナ(アビガイッレ役)が絶賛を浴びた公演ですが、ホアン・ポンス(ナブッコ役)をはじめとする男声陣も必聴です。

メトならではの豪華な演出も、とても迫力があります。

役名等 演奏
ナブッコ ホアン・ポンス
アビガイッレ マリア・グレギーナ
ザッカーリア サミュエル・ラメイ
イズマエーレ グゥイン・ヒューズ・ジョーンズ
フェネーナ ウェンディ・ホワイト
演奏 メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団
指揮 ジェイムズ・レヴァイン
演出 イライジャ・モシンスキー