「Hai già vinta la causa! Cosa sento!」はモーツァルト作曲のオペラ「フィガロの結婚」の第18曲で、伯爵(コンテ)によって歌われます。
ここでは「Hai già vinta la causa! Cosa sento!」のレチタティーヴォ部分のみを紹介いたします。

※アリア部分の「Vedrò mentre io sospiro」へ

「フィガロの結婚」はモーツァルトを代表する作品で、1786年に作曲されました。
台本はダ・ポンテによって書かれており、この他にもモーツァルトのオペラである「ドン・ジョヴァンニ」「コジ・ファン・トゥッテ」もダ・ポンテによって書かれました。
オペラではありますが、幕が開く前の序曲の冒頭部分は誰もが一度は耳にしたことがあると思います。

ここでは「Hai già vinta la causa! Cosa sento!」の歌詞と対訳を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

Hai già vinta la causa! Cosa sento!の名演

ルカ・ピサローニ(Luca Pisaroni、1975年6月8日 - )
イタリアのバスバリトン歌手

Hai già vinta la causa! Cosa sento!の歌詞1

Hai già vinta la causa! Cosa sento!
In qual laccio io cadea?

Perfidi! Io voglio...
Di tal modo punirvi... A piacer mio
la sentenza sarà... Ma s'ei pagasse
la vecchia pretendente?

Hai già vinta la causa! Cosa sento!の対訳1

お前はもう訴訟に勝っただと!どういうことだ!
私はどんな策略にはまったのか?

不実な者たちよ!私は決めた
同じような方法でお前たちを罰する 私の思い通りに
判決は出るだろう しかしあいつが金を払ったのならば
年老いた告訴人に

単語の意味

già/すでに・もう(英語:already)
vincere/勝つ
causa/原因・訴訟
cosa/何が・を
sentire/聞く・感じる
quale/どのような・どんな
laccio/罠(わな)・たくらみ・策略
cadere/転ぶ・陥る・失敗する

perfidia/不誠実・悪意・不実な行為
volere/欲しい・したい・決心する
tale/こうした・そのような・同様の・等しい
modo/やり方・慣習・方法
punire/罰する
piacere/喜び・喜び
a piacere/思い通りに
sentenza/判決・格言・意見
sarà→essere(英語:be)
ma/しかし
se/もし~ならば
ei/彼が・彼らが
pagara/金を払う・おごる
vecchio/年とった・古い・老人・古いもの
pretendente/志望者・志願者・要求者

Hai già vinta la causa! Cosa sento!の歌詞2

Pagarla! In qual maniera! E poi v'è Antonio,
che a un incognito Figaro ricusa
di dare una nipote in matrimonio.

Coltivando l'orgoglio
di questo mentecatto...
Tutto giova a un raggiro... il colpo è fatto.

Hai già vinta la causa! Cosa sento!の対訳2

彼女に金を払う どのような方法で さらにはアントニオもいる
彼は身元のわからないフィガロに拒んでいる
(自分の)姪と結婚をすることを

プライドを高めておだてれば
このバカの
すべては策略には好都合だ 打撃はなされた

単語の意味

pagara/金を払う・おごる
quale/どのような・どんな
maniera/仕方・方法・慣習
poi/その後、それから、さらに、さて、しかし
che/関係代名詞
incognito/未知の・知られていない
ricusare/拒む・受け入れない・はねつける
dare/与える
nipote/甥(おい)・姪(めい)
matrimonio/結婚・結婚式

coltivare/耕す・磨く・専念する・利益を得ようとしておだてる
orgoglio/傲慢さ・自尊心・誇り・プライド
questo/この
mentecatto/ばか・低能
tutto/すべて・全部
giovare/役に立つ・好都合である
raggiro/策略・詐欺
colpo/打撃・発砲・銃声