La pastorella dell'Alpi(アルプスの羊飼いの娘)』は、ジョアキーノ・ロッシーニ(Gioachino Rossini、1792年~1868年)によって作曲されました。
詩はカルロ・ぺポリ(Carlo Pepoli、1796-1881) によるものです。

この曲は全12曲からなる『Les soirées musicales(音楽の夜会)』(1830–1835)の第6曲にあたります。

ここでは、ロッシーニ作曲の『La pastorella dell'Alpi(アルプスの羊飼いの娘)』の対訳や解説を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

『La pastorella dell'Alpi(アルプスの羊飼いの娘)』の演奏

パトリツィア・ヤネチコヴァ(Patricia Janečková/1998年-)
ドイツ出身のスロバキア人

『La pastorella dell'Alpi』の歌詞1

Son bella pastorella,
che scende ogni mattino
ed offre un cestellino
di fresche frutta e fior.

『La pastorella dell'Alpi』の日本語訳1

私は美しい羊飼いの娘
毎朝(山を)下りて
新鮮な果物と花の入った
かごを渡します

イタリア語の意味

イタリア語 意味
bello 美しい
pastorella 羊飼いの少女
scendere 下りる
ogni どの~も(every)
mattino
offrire 提供する
cestellino 小さなかご
fresco 新鮮な
frutta 果物
fiore

『La pastorella dell'Alpi』の歌詞2

Chi viene al primo albore
avrà vezzose rose
E poma rugiadose,
venite al mio giardin,
ahu, ahu...

『La pastorella dell'Alpi』の日本語訳2

夜明けにやってくる人は
愛らしいバラや新鮮なりんごを
手にするでしょう
私の庭にいらっしゃい
さあ、さあ

イタリア語の意味

イタリア語 意味
chi 人が
venire 来る
primo 最初の
albore 夜明けの光
avere 英:have
vezzoso 愛らしい
rosa バラ
rugiadoso 水の滴るような、新鮮な
giardino

『La pastorella dell'Alpi』の歌詞3

Chi del notturno orrore
smari la buona via,
alla capanna mia
ritrovera il cammin.

『La pastorella dell'Alpi』の日本語訳3

怖い夜に
道に迷った人は
私の小屋で
歩む道が見つかるでしょう

イタリア語の意味

イタリア語 意味
chi 人が
notturno 夜の
orrore 恐怖
via
capanna 小屋
ritrovare 見つける
cammin 歩み、道、人生の歩み

『La pastorella dell'Alpi』の歌詞4

Venite o passaggiero,
La pastorella è qua,
Ma il fior del suo pensiero
Ad uno solo darà!

『La pastorella dell'Alpi』の日本語訳4

いらっしゃい、旅人よ
羊飼いの娘はここにいます
でも、心の花は
一人の人にだけさしあげるでしょう

イタリア語の意味

イタリア語 意味
venire 来る
passaggiero 通行人
pastorella 羊飼いの少女
qua 英:here
fiore
pensiero 考え、気持ち
solo 英:alone,only
dare 与える