「花の歌(BlumenLied/Flower Song)」は、ドイツの音楽家グスタフ・ランゲ(Gustav Lange/1830年-1889年)によって作曲されました。

ランゲはベルリンを中心に活躍した音楽家で、作曲家だけではなくピアニストとしても活躍しました。
生涯で500曲ほどのピアノ作品を作曲し、そのほとんどはサロン小品でした。
「花の歌」の作品番号は39ですので、この作品は彼の初期の作品ということになります。

 近い世代の音楽家としては、ブルックナー(1824-1896/オーストリア)・ヨハン・シュトラウス二世(1825-1899/オーストリア)・ブラームス(1833-1897/ドイツ)などが挙げられます。
 ランゲは、その他に「小さなさすらい人」「アルプスの山小舎にて」「荒野のバラ」「《埴生の宿》幻想曲」などの作品でも知られています。

ランゲ「花の歌」の演奏

無料楽譜

ランゲ「花の歌」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜