ペツォールトの「メヌエット」は、長年ヨハン・ゼバスティアン・バッハの作曲だと考えられていました。

バッハは、この作品を「アンナ・マクダレーナ・バッハのための音楽帖」(1725年)に作曲者の名前を伏せて記入しました。
そこからバッハの作曲ではと推測されていたのです。
※アンナ・マクダレーナ・バッハはバッハの2番目の妻
それが近年では音楽学者の研究によりペツォールトの作だと修正されています。

メヌエットにはト長調とト短調の2曲がありますが、ト長調が特に有名です。

1965年にアメリカのグループ、ザ・トイズがリリースしたヒットソング「ラヴァーズ・コンチェルト(A Lover's Concerto)」は、このメヌエットのト長調を基にしたものです。
当時ビルボード2位、カナダRPM1位、全英シングルチャート5位と世界的に人気を集めました。

ペツォールトとは?

クリスティアン・ペツォールト(Christian Petzold, 1677年- 1733年)は、バロック時代を生きたドイツの作曲家、オルガン奏者です。
バッハより8歳先輩の音楽家です。

1703年にドレスデンの教会のオルガン奏者を務めると、その後1709年からは宮廷の室内楽団の一員として活動をしました。
彼の作曲した作品で現在まで受け継がれているものはわずかしかありませんが、「優れたオルガニスト」としての記録が残っています。

ペツォールト「バッハのメヌエット」の演奏

無料楽譜

【ト長調】ペツォールト「バッハのメヌエット」の無料楽譜(外部サイト・IMSLP)

【ト短調】ペツォールト「バッハのメヌエット」の無料楽譜(外部サイト・IMSLP)

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

その他の作品の楽譜