ショパンのポロネーズ第6番変イ長調 作品53は、1842年に作曲された作品です。(1843年出版)
「英雄ポロネーズ」(La Polonaise héroïque)の名で親しまれており、ショパンの作品の中でも人気の高い作品です。
この通称を誰が付けたのかは、現在のところ判明しておりません。

またこの作品内において、ショパンは母国ポーランドの栄光を表現しているとも言われています。

健康を崩していたショパン

この頃のショパンは肺に病を抱えており、健康は深刻な状態でした。
体調も考慮し、ショパンは1839年からは冬はパリで、夏はノアン(フランスの中央部)にあるサンドの別荘で生活をすることになります。

この夏のノアンでの暮らしは、ショパンにとって創作活動がはかどる時間で、この生活は1846年まで続きました。
そして「英雄ポロネーズ」は、夏のノアンで生まれた作品です。

 ジョルジュ・サンドは、ショパンの恋人です。
ショパンは1838年から1847年まで彼女と恋人関係にありました。

この後、ショパンの健康状態はさらに悪化の道をたどっていきます。
1845年にはより深刻になり、サンドのとの関係も悪化しました。
ショパンとサンドは1847年に破局を迎えることとなります。

ショパン「英雄ポロネーズ」の演奏

ヴァレンティーナ・リシッツァ(Valentina Lisitsa、- )
アメリカ在住、ウクライナ生まれのピアニスト

無料楽譜

ショパン「英雄ポロネーズ」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜