作品名 ボレロ
作曲家 モーリス・ラヴェル
依頼者 イダ・ルビンシュタイン(バレリーナ)
作曲年 1928年
初演 1928年11月22日(パリ・オペラ座)
演奏時間 15分

ラヴェルの「ボレロ」は1928年に作曲されたバレエ音楽です。
同じリズムが最初から最後まで延々と繰り返され、さらに二つのメロディーが繰り返されるという独特の音楽です。
次第に音楽が大きくなっていくことから「世界一長いクレッシェンド」と言われることもあります。

初演を聴いた観客が「この曲は異常だ」と言った感想に対して、ラヴェルは「この曲をよくわかっている」と返したそうです。
何だか不思議なエピソードですね。
ラヴェル自身が「この作品には音楽がない」と語っており、音量と音厚が次第に増大するシンプルな構成はまさに実験的作品だと言えます。
またラストのクライマックスでいきなり転調するのも驚きの展開です。

 バレエ音楽ではありますがジャンルに関係なく、多くの音楽愛好家に愛されている作品です。
またバレエの音楽としてではなく、オーケストラ単体で演奏される機会が数多くあります。

ここではラヴェル「ボレロ」の解説とオススメ名盤の紹介をしたいと思います。

ラヴェル「ボレロ」の演奏

ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団(West-Eastern Divan Orchestra)
指揮:ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年 - )

ラヴェル「ボレロ」の解説

「ボレロ」はロシア生まれのバレリーナでもあり役者でもあったイダ・ルビンシュタインの依頼により作曲されました。
彼女自身のバレエ団のためにラヴェルにスペイン風のバレエ作品を依頼したのです。

アメリカへの演奏旅行から帰国したラヴェルが、海水浴のために別荘に訪れます。
その別荘でラヴェルは友人にボレロの主題を弾いて見せたと言われています。
その際には、このシンプルな主題をオーケストレーションを変えて繰り返していくアイディアも友人に披露したそうです。

ラヴェル

ラヴェル

ラヴェルはこのアイデアはスペインの工場からヒントを得たと語っています。
ラベルの父はラヴェルを小さいときに良く工場へ連れていったそうです。
「ボレロ」と「工場の音」を繋げて聴いてみると、また変わった聴き方が出来るかもしれません。

初めは「ファンダンゴ」のタイトルの予定でしたが、後に「ボレロ」に変更されたそうです。

「ボレロ」はバレリーナのために書かれた曲ですのであらすじがあり、スペイン人の踊り子の曲となっています。

ボレロのあらすじ

ボレロのあらすじは次の通りです。

①舞台はセビリアの酒場で、スペイン人の踊り子が舞台でゆったりとリズムをとりはじめます。
②次第に踊りへと変わり、踊りが華やかになってきます。
③それにより最初は気にも留めていなかった酒場の客たちも踊りに夢中になり始め、やがて皆で一緒に踊り出します。

瞬く間に大人気に

初演は1928年11月22日にパリ・オペラ座において、依頼主のイダ・ルビンシュタインのバレエ団によって行なわれました。
そしてその後イダ・ルビンシュタインが持っていた1年間の独占権がなくなると、「ボレロ」は世界の至る所で演奏されるようになり、瞬く間に大人気曲となります。
日本でも初演から約2年後の1931年1月28日に新交響楽団(後のNHK交響楽団)に演奏されました。

初めての録音は1930年のラヴェル自身の指揮によるラムルー管弦楽団の演奏だと言われています。

ちなみにラヴェル自身はこれほどまでに人気が出たことは予想外だったようで、驚きを隠せなかったそうです。

指揮者泣かせの「ボレロ」

ラヴェルは自らの指揮で何度も「ボレロ」を振りましたが、テンポを忠実に守って指揮をし続けたそうです。

このテンポについては面白いエピソードが残っています。
名指揮者のアルトゥーロ・トスカニーニが「ボレロ」をニューヨーク・フィルの演奏で指揮したときのことでした。
トスカニーニがテンポを速く演奏したり、アッチェレランドをかけて演奏したのを聴いたラヴェルはとても怒ったそうです。

怒っているラヴェルにトスカニーニは「こう演奏するしかない!」と言い返したそうです。
この騒動から約7年間、トスカニーニはラヴェルの作品を指揮することはありませんでした。

ラヴェル「ボレロ」の名盤

日本が世界に誇るマエストロ、小澤征爾指揮によるボストン交響楽団の名演です。
リズムに感情がのっているかのような印象で、次第に大きくなるクレッシェンドは小澤征爾の胸の高鳴りがそのまま演奏に乗り移っているかのようです。

「ボレロ」だけでなく、収録されている「亡き王女のためのパヴァーヌ」などの演奏も、日本のクラシックファンに長く愛されている名演です。