アンダーソンの「ウォータールーの戦い」は、ピアノの初級者用の作品として取り上げられる作品です。

しかし作曲家のアンダーソンについては、詳細はわかっておりません。
それどころか、2人の作曲家が存在します。
全音などでの楽譜では作曲家がアンダーソン=ギルマン(Anderson-Gilman, Wilma/1881-1971)と表記されていますが、海外ではジョージ・フレデリック・アンダーソン(George Frederick Anderson/1793–1876)と表記されていたりもします。

 ジョージ・フレデリック・アンダーソン作曲の説では、作品は1860年代に書かれウェリントン公爵(イギリスの公爵位)に捧げられたと言われています。こちらの説の方が信憑性が高いようです。

ナポレオン戦争最後の戦闘

「ウォータールーの戦い」は、ワーテルローの戦いと一般的に呼ばれています。

 Waterlooがフランス語読みでワーテルロー、英語読みでウォータールーとなります。

1815年に起こったプロイセン軍とナポレオン1世が率いるフランス軍の戦いです。
この戦いでフランス軍は敗北し、ナポレオン戦争最後の戦闘となりました。

ナポレオンはイギリスに降伏しセントヘレナ島に流されます。
そして1821年にこの島で生涯を終えました。

 作曲家の候補となっている2人のアンダーソンは、いずれもイギリス人です。
そのためピアノ作品「ウォータールーの戦い」は、「戦争に勝ったイギリスの目線から描かれた音楽」ということになります。

アンダーソン「ウォータールーの戦い」の演奏

無料楽譜

アンダーソン「ウォータールーの戦い」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜