項目 データ
作品 ベニスの舟歌
出版 1835年

ベニスの舟歌」は、ドイツロマン派の作曲家フェリックス・メンデルスゾーン(Felix Mendelssohn/1809年-1847年)作曲の作品で、1835年に出版されました。

メンデルスゾーンはピアノ作品集『無言歌集』というピアノ独奏のための作品集を発表しています。
この『無言歌集』は15年間をかけて作曲されたもので、全8巻48曲からなります。
38歳の若さで亡くなった彼の人生を考えると、多くの時間をかけて作曲した曲集ということなります。

「ベニスの舟歌」は、第2巻(作品30)の6曲目にあたります。
ベニスとはヴェネツィアのことですので、「ヴェネツィアの舟歌」と題されることもあります。

 無言歌集の中で、「ベニスの舟歌」というタイトルの曲は3曲あります。
第1巻6曲目、第2巻6曲目、第5巻5曲目の3曲です。
これらのタイトルは、すべてメンデルスゾーン本人によって名付けられました。
 無言歌は原語では”Lieder ohne Worte(言葉のない歌)”と言います。
こう呼び始めたのはメンデルスゾーン本人ではなく、姉のファニーだそうです。
ファニーもまた才能のある音楽家でした。

ライプツィヒに来た年の作品

メンデルスゾーンが音楽家として初めての職を手に入れたのは、「ベニスの舟歌」の2年前(1833年)のデュッセルドルフでの音楽監督の職でした。
しかし、この職は翌年に辞職してしまい、1835年にライプツィヒへ移ってきます。
ライプツィヒでの職は、ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者の仕事でした。

メンデルスゾーンはミュンヘンの音楽監督の仕事や、雑誌社の仕事を断ってライプツィヒへ来たそうです。
「ベニスの舟歌」が出版された1835年は、そんなメンデルスゾーンが新たな地で音楽活動を始めた年でした。

 メンデルスゾーンはライプツィヒで積極的に音楽活動をおこない、ライプツィヒの音楽的水準を大きく高めました。
38歳の短い生涯でしたが、亡くなるまで彼はライプツィヒで音楽活動をおこないました。

メンデルスゾーン「ベニスの舟歌」の演奏

ピアノ無料楽譜

メンデルスゾーン「ベニスの舟歌」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

※無言歌集 第2巻(作品30)が全てダウンロードされます。
※最終曲(第6曲)が「ベニスの舟歌(Venezianisches Gondellied)」です。

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜