「アルプスの鐘(Alpenglöckchen)」は、ドイツの音楽家テオドール・エステン(Theodor Oesten、1813年-1870年)によって作曲されました。
エステン(オースティン)のピアノ作品は、この他には「アルプスの夕映え」「人形の夢と目覚め」などが今でもよく演奏される機会があります。
ピアノ初学者の練習曲としてもよく使用されるこれらの作品ですが、エステン自身もピアノ教師として評価の高かった人物でした。

作曲家としての評価は、当時は以外にもピアノ作品より声楽作品の評価が高かったそうです。

 エステン(1813年-1870年)と同世代の作曲家は
・ショパン(1810年- 1849年/ポーランド)
・リスト(1811年-1886年/ハンガリー)
・ワーグナー(1813年-1883年/ドイツ)
・ヴェルディ(1813年-1901年/イタリア)
などが挙げられます。

エステン「アルプスの鐘」の演奏

ピアノ無料楽譜

エステン「アルプスの鐘」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜