邦題 サムソンとデリラ
初演 1877年12月2日 ワイマール宮廷歌劇場
原作 旧約聖書
台本 フェルディナン・ルメール(サン=サーンスの従兄弟)
演奏時間 約2時間

『サムソンとデリラ(Samson et Dalila)』は、サン=サーンス(Saint-Saëns/1835年-1921年)のオペラ作品の中で最も有名なオペラです。
元々はオラトリオ作品をして作曲されたこの作品は、当初の評判は決して高くはなかったそうです。

ドイツ語で初演はおこなわれましたが、フランス語で上演されることが通例となっています。

 初演は「もともとフランス語だったものをドイツ語に訳した演奏した」ため、フランス語がオリジナルとされています。

また第3幕で演奏される「バッカナール」は、コンサートで単独で演奏されることもある人気のある音楽です。

ここではサン=サーンスのオペラ『サムソンとデリラ』のあらすじを紹介したいと思います。

主な登場人物

登場人物 詳細
サムソン(テノール) 特別な怪力を持つ
デリラ(メゾソプラノ) サムソンを誘惑し、復讐を図る
ダゴンの大祭司(バリトン)
アビメレク(バス) ガザの太守

『サムソンとデリラ』の簡単なあらすじ

時間のない方のための簡単な「30秒あらすじ」
ヘブライ人(サムソン側)とペリシテ人(デリラ側)は敵対関係にあります。
サムソンは特別な怪力を持っており、ペリシテ人を圧倒していきます。

そこで美貌を持つデリラはサムソンを愛で誘惑し、復讐を図ります。
サムソンは騙され、さらに力を奪われ、囚われの身となります。

囚われの身のサムソンは、敵地の神殿に連れていかれます。
窮地に陥ったサムソンですが、最後に神に祈ると力が復活します。
サムソンは柱をなぎ倒し神殿を崩壊させ、デリラたちが悲痛に叫ぶ中でオペラが終わります。

第1幕:『サムソンとデリラ』のあらすじ

サムソンが「奴隷となったヘブライ人」を鼓舞する

パレスチナ(地中海東岸のシリア南部)の都ガザの広場
ペリシテ人に支配されたヘブライ人が「奴隷の悲しみからの解放」を神に祈っています。
その群衆の中からサムソンが登場し「勝利を信じろ!われらの神(エホバの神)は戦いの神なのだ!」と皆を勇気づけます。

"Arrêtez, ô mes frères!"

 サムソンの最初の登場シーン。「泣くな、兄弟よ!」「イスラエルの唯一の神の祭壇をもう一度立てよう!」と民衆を鼓舞します。

サムソンがアビメレク(敵の太守)を返り討ちにする

そこにアビメレク(ガザを支配するペリシテ人の太守)が兵を率いて現れます。
アビメレクは自らが崇拝するダゴンの神を称え、エホバの神を嘲笑します。

アビメレクは「サムソンが反抗的な態度を向けたこと」に激高します。
そしてアビメレクはサムソンに剣を向けますが、サムソンが簡単に返り討ちにします。
さらにサムソンはペリシテ人の兵たちも追い返します。

ペリシテ人が退散し、ヘブライ人が解放を喜ぶ

皆と入れ違いにダゴンの大祭司が現れ、アビメレクの亡骸を見つけます。
怒った大祭司は「サムソンを追う」よう命じますが、ペリシテ人たちは恐怖で動けません。

さらに「サムソン軍が迫ってきている」という知らせも入ってきます。
大司祭は「永遠に呪われろ!イスラエルの子孫よ!」と叫び、逃げていくペリシテ人と共に去っていきます。

それに対し、ヘブライ人たちはエホバの神を称え、解放を喜びます。

サムソンが「デリラの虜」となり、我を失う

そこに、ダゴンの神殿から、デリラがペリシテの乙女たちを従えて登場します。
デリラがサムソンを「栄光にまさる愛を受け入れて、私についてきて。」と誘うと、サムソンはデリラの虜になっていきます。

ヘブライの老人たちが「魅力に負ければ天罰が下るぞ!」と警告しますが、サムソンに効果はありません。
デリラはサムソンに「いつかあの人に甘い陶酔を捧げましょう。」(Printemps qui commence)と官能的に歌い上げ、神殿へ戻っていきます。

サムソンが誘惑と葛藤し、心が乱れていく中で第1幕が終わります。

"Printemps qui commence"

第2幕:『サムソンとデリラ』のあらすじ

デリラが「サムソンへの復讐」を決意する

パレスチナのソレクの谷:デリラの隠れ家
デリラが「サムソンへの復讐」を歌っています。(Amour! viens aider ma faiblesse)

"Amour! viens aider ma faiblesse"

 デリラが「サムソンは今夜きっとここにくる。」「愛よ私に力を貸して!」「彼が明日鎖に繋がれますように。」と歌い上げています。

そこに大司祭が現れ褒美を尋ねますが、デリラは「財宝なんて何にもならない。復讐のためよ。」と答えます。
デリラは「今日こそ、彼の力の秘密を聞き出して見せるわ。」と強く決意します。

 デリラは、過去に3度「サムソンの秘密を聞き出すこと」に失敗しています。

二人は「ヘブライ人の頭に死を!」と叫び、大司祭は去っていきます。

デリラの誘惑に、サムソンが負ける

夜が更けると、サムソンが躊躇しながらも「デリラの家」を訪れてきます。
デリラはためらうサムソンを熱く迎え入れ「恋に飽きたの!?イスラエルの運命とか愛が何よ!あなたを信じてたのに。」と誘惑します。

するとサムソンは「神に背いても愛すぞ!デリラ、愛している!」と愛を誓います。

"Mon cœur s’ouvre à ta voix"

 デリラが「あなたの声に、私の心は開かれていく。ああ、私の愛に答えて。」と呼びかけると、サムソンはたまらず「デリラ、愛している!」と答えます。

サムソンが捕えられる

そこでデリラは「私を本当に愛しているのなら、あなたの力の秘密を教えて。」と尋ねます。
しかし、サムソンはその要求に答えません。

しばらくするとペリシテの兵が現れ、デリラの号令でサムソンは捕えられてしまいます。
サムソンが「裏切ったな!」と叫ぶ中で、第2幕が終わります。

第3幕:『サムソンとデリラ』のあらすじ

サムソンは力を奪われ、投獄されている

ガザの牢獄
サムソンは髪を切られ、眼をえぐり出されてしまいました。
サムソンは牢獄で神に背いたことを後悔しています。

ヘブライの囚人たちは「サムソンの裏切り」を責め、サムソンは「私の命を犠牲に、民を救ってください。」と祈ります。

 サムソンの力の秘密は「髪」にありました。髪を切られ、サムソンは力を失っています。

やがてペリシテの兵が現れると、サムソンは外へ連れ出されていきます。

「バッカナール」

 コンサートで単独で演奏されることもある、人気のある音楽です。
サムソンが「ダゴンの神殿」に入る直前に演奏されます。

サムソンが「ダゴンの神殿」へ連れていかれる

ダゴンの神殿
デリラが玉座に座り、ペリシテ人たちが勝利を祝っています。
そこにサムソンが連れてこられ、皆はサムソンを嘲笑します。

デリラはサムソンに近づき「今日こそ仇をうつのよ。神のため、民衆のため、憎しみのため!」と語ります。
そしてデリラと大祭司は「生け贄の台」に向かい、サムソンも案内役の子供たちと共に向かいます。

サムソンが力を取り戻し、ダゴンの神殿が崩壊する

サムソンは子供たちに頼んで、二本の柱の間に連れて行ってもらいます。

ペリシテ人たちが「ダゴンに栄光あれ!」と叫ぶ中、サムソンは「神よ、ほんの一瞬私の力を返してください!復讐させてください!」と唱え柱を押します。
すると柱は倒れ、神殿は瞬く間に崩壊していきます。

デリラやペリシテ人たちが悲痛に叫ぶ中で、オペラが終わります。