ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven/1770年12月16日-1827年3月26日)の「トルコ行進曲」は、1811年秋から1812年にかけて作曲されました。
元々はオーケストラで演奏される曲ですが、ピアノソロの演奏も幅広く親しまれています。

アントン・ルビンシテインによるピアノソロの編曲も有名で、フランツ・リストはピアノと管弦楽のための「幻想曲」に編曲しています。
またリヒャルト・シュトラウスとフーゴ・フォン・ホフマンスタールは、この作品を舞踏と合唱を伴う作品として改編しています。

 ベートーヴェンは難聴に悩まされ、1802年には自殺も考えます。(「ハイリゲンシュタットの遺書」)
しかし、彼はそれを見事克服し1804年に交響曲第3番『エロイカ(英雄)』 を発表しました。

ベートーヴェンはその後10年間にわたって傑作を多く作曲し、その時期は傑作の森と呼ばれています。
「トルコ行進曲」は、その頃の作品の一つです。

劇付随音楽の1部として作曲された

「トルコ行進曲」は、『アテネの廃墟(Die Ruinen von Athen)』の中の1曲として作曲されました。
この作品は劇付随音楽で、オーケストラで演奏されます。
また声楽のソリストや合唱もそれに加わって演奏されます。

物語ではギリシャ神話の神々が登場し、ソクラテスも話に出てきます。
物語の中でアテネはトルコに支配されています。
そのときに登場する音楽が「トルコ行進曲」で、全曲の中盤で演奏されます。

全曲が上演される機会はほとんどない

今では残念ながら『アテネの廃墟』の全曲が上演される機会はほとんどありません。
しかし、序曲と「トルコ行進曲」は現在でもコンサートでも取り上げられる曲です。
またご存知の通り、「トルコ行進曲」はピアノソロに編曲されて親しまれています。

ちなみにベートーヴェンは、自分自身でこの作品を「気晴らしの小品」と呼んだそうです。

ベートーヴェン「トルコ行進曲」の演奏

無料楽譜

ベートーヴェン「トルコ行進曲」の無料楽譜(pianomother.comへ/外部サイト)

免責事項
ダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜