ショパンの「ワルツ第7番」(作品64-2)は、ピアノ独奏のためのワルツで、彼の生前に出版された最後の作品の一つです。

ショパンのワルツの中では最も有名な作品のひとつで、ピアノのレッスン曲としても取り上げられます。

ショパンの晩年の作品

作品64には3つのワルツがあり、ショパンが36歳から37歳の頃(1846-47年)に作曲されました。
ショパンが亡くなったのが39歳(1849年)のことですので、ほんのその数年前の作品です。

この時期はショパンが恋人のジョルジュ・サンドと破局を迎えようとしていた頃で、ショパンの健康状態は既に悪化していました。

恋人との関係は冷え切っていた

ショパンとサンドの関係は約10年も続いていましたが、この頃の関係は良好とは言えませんでした。

ショパンの健康状態が悪化するにつれて、サンドはショパンの"恋人"というよりは"看護師"のようになりました。
サンドはショパンを「3番目の子ども」と呼び、その苛立ちは当時の手紙にも残されています。

1847年に彼らの恋人関係は終わりを迎えることになります。

ショパン「ワルツ第7番」の演奏

ヴァレンティーナ・リシッツァ(Valentina Lisitsa、- )
アメリカ在住、ウクライナ生まれのピアニスト

無料楽譜

ショパン「ワルツ第7番」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

作品64が全てダウンロードされます。その2曲目が「ワルツ第7番」です。
※6ページ目(楽譜表記の35ページ)です。

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜