項目 データ
初演 1924年
原作 ルドルフ・ティエスノフリーデク『狐のビストロウシュカ』
台本 ヤナーチェク
言語 チェコ語
演奏時間 1時間40分

レオシュ・ヤナーチェク(1854年-1928年)のオペラ『利口な女狐の物語(Příhody lišky Bystroušky)』は、1924年に初演されました。
英語では「The Cunning Little Vixen」と表記されています。

彼にとって7作目のオペラ(全部で9作)で、彼を代表するオペラ作品です。
動物がたくさん登場する"おとぎ話"風の物語である一方で、自然と人間界を対比した奥深い作品となっています。

原作を基に、台本はヤナーチェク自身が書きました。
ヤナーチェクは、この作品を含む晩年の4つのオペラ(『カーチャ・カバノヴァー』『利口な女狐の物語』『マクロプロス事件』『死者の家から』)のすべての台本を、自身で書き上げています。

 ヤナーチェクは「自身の葬儀では"第3幕の森番のエピローグ"を演奏して欲しい」と生前に希望しました。
この音楽は、ヤナーチェクの人生観が描かれていると言われています。
そして、葬儀では実際に演奏がなされました。

ここでは、そんなヤナーチェク『利口な女狐の物語』のあらすじを紹介したいと思います。

登場人物

【人間】
森番(バリトン)
森番の妻(コントラルト)
ペピーク(ソプラノ):森番の息子
フランティーク(ソプラノ):ペピークの友達

校長(テノール)
牧師(バス)
ハラシュタ(バス):行商人
パーセク(テノール):居酒屋の主人
パーセクの妻(ソプラノ)

【動物】
ビストロウシュカ(ソプラノ):女狐
ズラトフシュビテーク(ソプラノ):雄狐

ラパーク(メゾソプラノ):森番の飼い犬
雄鶏、雌鶏(ソプラノ)
カエル(子供のソプラノ)
穴熊(バス)
きつつき、蚊、、ふくろう、かけす

第1幕:ヤナーチェク『利口な女狐の物語』のあらすじ

第1場:森番が女狐を捕まえる

暗い乾燥した渓谷

森番が登場し"疲れた"と言い、一休み(居眠り)します。

そこに生き物たちが(こおろぎ、バッタ、蚊、カエル)が現れ、最後に子供の女狐ビストロウシュカが登場します。
ビストロウシュカがカエルを捕まえようとすると、カエルは逃げて森番の鼻の上に落ちます。

目を覚ました森番は、ビストロウシュカを見つけて捕まえます。
ビストロウシュカは母狐を呼びますが、助けは来ません。

森番は「子供たちが喜ぶ」と言い、ビストロウシュカを家に連れて帰ります。

第2場

午後、森番の小屋

子供に噛みついた女狐は、森番に紐で縛られる

捕まったビストロウシュカ(女狐)が、寂しそうに泣いています。
犬のラパークはそれを慰め、「恋の季節になると心が痛む」とビストロウシュカに言い寄ります。
しかし、ビストロウシュカはラパークを相手にしません。

続いて、森番の息子ペピークと、その友達フランティークが登場します。
彼らがビストロウシュカを棒で突いてくるので、ビストロウシュカは怒ってペピークの足に噛みつきます。

森番の妻が、家から飛び出してきて「狐を追い出しましょう!臭いし、ケガもさせるし。」と騒ぎます。
それを聞いて森番は、ビストロウシュカを紐で縛ります。

夜も更け、ビストロウシュカは泣きながら眠りにつきます。

女狐が脱走

ラパーク(犬)はビストロウシュカ(女狐)に「僕のように逃げないのが一番だ。」と語ります。

鶏たちは紐に縛られたビストロウシュカを馬鹿にし、「お前は卵も産めないし、手伝いもできない。何の役にも立たない。」とののしります。
ビストロウシュカは「お前たちは利用されているだけだ。」と怒り、雄鶏を捕まえて雛鳥たちを殺してしまいます。

そこに鶏たちの悲鳴を聞いた森番の妻が現れ、続いて森番も登場します。

ビストロウシュカは"脱走を決意"します。
そして紐をちぎり、森番を押し倒し、森へと逃げ去っていきます。

第2幕:ヤナーチェク『利口な女狐の物語』のあらすじ

第1場:女狐が穴熊の"広い家"を奪い取る

森の中、穴熊の住む洞穴

人間から逃げてきたビストロウシュカ(女狐)は、穴熊の穴を覗いて話しかけます。
穴熊は「じろじろ見るな」と嫌がります。

ビストロウシュカは森の動物たちに「穴熊のおじさんがゴロゴロしてるよ。広い家なのに一人で。」と呼びかけます。
穴熊は「出ていかないと訴えるぞ!」と怒り、ビストロウシュカを殴ります。

それに対しビストロウシュカと動物たちは、一斉に穴熊を攻め立てます。
穴熊は怒りながら、穴から逃げていきます。

ビストロウシュカは、穴熊の"広い家"を手にすることに成功します。

第2場:森番が女狐の話をされると、機嫌が悪くなる

パーセクの居酒屋

テーブルを囲んで、校長森番がトランプをしています。
そこに"穴熊そっくりの顔"の牧師も加わります。

彼らは"恋の話(テリンカという女性)"で盛り上がり、お互いを冷やかし合います。
やがて校長が店を去り、牧師も家路につきます。

森番はもう1杯飲もうとします。
しかし店主のパーセクが「私たちに女狐の話もしてくださいよ。」と言うと、森番は気分を悪くし「ほっといとくれ」と店を出ます。

第3場:森番が女狐を銃で撃つが、取り逃がす

夜の小道

校長が酔っぱらいながら、千鳥足で夜道を歩いています。

そこにビストロウシュカ(女狐)が現れ、ヒマワリの花を揺らします。
校長はそれをテリンカ(恋した女性)と勘違いし、愛を告白し抱きつきます。

一方神父もテリンカを思い出しながら、タバコを吸っています。
そのとき森番が現れ、ビストロウシュカに向かって銃を放ちます。
銃弾は外れます。

森番は取り逃がしたことを嘆きます。

第4場:女狐が結婚をする

ビストロウシュカの住む洞穴

ビストロウシュカの住む洞穴の前を、オス狐ズラトフシュビテークが通りかかります。

ビストロウシュカは、
「この家は私のもので、私は自立しています。」
「私は猟師小屋で人間の教育を受け、盗みを覚えました。」
と語ります。

二匹はお互いに惹かれ合います。
ズラトフシュビテークはプレゼント(ウサギ)を持参し再び登場し、プロポーズをします。

やがて二匹は結婚をし、それを森の仲間たちが祝福します。

第3幕:ヤナーチェク『利口な女狐の物語』のあらすじ

第1場

森のはずれ

森番が罠を仕掛けるが、女狐に見破られる

行商人ハラシュタ森番に「テリンカと結婚することになった」と報告します。

続いて森番はハラシュタから「ビストロウシュカ(女狐)が殺したウサギが落ちていた」という情報を得ます。
森番は「ビストロウシュカは、ウサギをとりに戻ってくる」と予想し、そこに罠を仕掛けます。

そこにビストロウシュカが、夫と子供たちを連れて現れます。
しかし彼らは、罠が仕掛けられていることに気づきます。

ハラシュタ(行商人)が狐を銃で撃ち殺す

続いてハラシュタ(行商人)が現れます。
ハラシュタは、「狐をマフにして、テリンカにプレゼントしよう。」と考えます。

ビストロウシュカは逃げ回ります。
その間に、子ギツネたちは"ハラシュタの売り物の鶏"を食べ荒らします。
怒ったハラシュタが銃を放つと、ビストロウシュカに命中します。

ビストロウシュカは息絶えます。

第2場:テリンカが狐のマフをしている

パーセクの居酒屋の庭、テリンカの結婚の日

森番パーセクの妻に、「女狐を追いかけていったけど、穴は空っぽだった。」と語ります。
するとパーセクの妻は「そういえば、テリンカが狐のマフをしてたわ。」と話します。

森番は、
「年をとって足が痛いよ。」
「人間は色々求めないのが一番なのかもなあ。」
と言葉を残し、店から去っていきます。

第3場:数年後、森番が狐の夢を見る

数年後、暗い乾燥した渓谷(第1幕第1場と同じ)

森番が、昔を思い出しながら居眠りをしています。
そして夢を見たまま起き上がると、ビストロウシュカそっくりの子ギツネが現れます。

捕まえようとすると、それは狐ではなくカエルでした。

森番は"第1幕第1場のカエル"だと思い、「今までどうしてたんだ!?」と語り掛けます。
するとカエルは、「それは僕のお爺ちゃんだよ。何度もその話を聞かされたよ。」と返します。

銃が"忘れられたかのように"森番の体から地上に落ちたところで、オペラは終わります。

ヤナーチェク『利口な女狐の物語』の映像

2008年サイトウ・キネン・フェスティバルでのライブ映像です。
長野県松本市で演奏された極上の音楽が蘇ります。

女狐ビストロウシカ:イザベル・ベイラクダリアン
森番:クィン・ケルシー
森番の妻/ふくろう:ジュディス・クリスティン
校長/蚊:デニス・ピーターソン
神父/あなぐま:ケヴィン・ランガン
行商人ハラシタ:デール・トラヴィス
雄狐:ローレン・カーナウ
宿屋の主人:松原友
宿屋の女房:増田弥生
犬ラパーク:マリー・レノーマン
雄鶏:黒木真弓
きつつき:牧野真由美

合唱:SKF松本児童合唱団・東京オペラシンガーズ
オーケストラ:サイトウ・キネン・オーケストラ
指揮:小澤征爾
演出:ロラン・ペリー

 【日本語字幕ナシ】の映像ですと、2008年パリオペラ座でのライブ映像もオススメです。
女狐:エレナ・ツァラゴワ
森番:ユッカ・ラジライネン
指揮:デニス・ラッセル・デイヴィス
演出:アンドレ・エンゲル