『Der Lindenbaum(菩提樹)』は、オーストリアの作曲家フランツ・シューベルト(Franz Schubert/1797年-1828年)によって書かれた歌曲集『冬の旅』の5曲目にあたります。

 『冬の旅(Winterreise)』は、1827年に作曲された連作歌曲集です。
ドイツの詩人ヴィルヘルム・ミュラーの詩集から、詩はとられています。

ここではシューベルト『Der Lindenbaum(菩提樹)』の歌詞と対訳を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の演奏

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Dietrich Fischer-Dieskau/1925年-2012年)
ドイツのバリトン歌手

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の歌詞1

Am Brunnen vor dem Thore
Da steht ein Lindenbaum:
Ich träumt' in seinem Schatten
So manchen süßen Traum.

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の日本語訳1

門の前の井戸に
そこに菩提樹が立っている。
私はその木の陰で夢を見た
たくさんの甘い夢を

単語の意味

ドイツ語 意味
Brunnen 井戸、泉
Tor
da そこに
stehen 立っている
Lindenbaum 菩提樹の木
träumen 夢を見る
Schatten 影、日陰
manch 多くの
süß 甘い
Traum

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の歌詞2

Ich schnitt in seine Rinde
So manches liebe Wort;
Es zog in Freud und Leide
Zu ihm mich immer fort.

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の日本語訳2

私はその木の皮に刻み込んだ
たくさんの愛する言葉を
楽しい時も悲しい時も 引き寄せられた
いつもその木へ

単語の意味

ドイツ語 意味
schneiden 切る、刻み込む
Rinde 樹皮
manch 多くの
lieb 愛する、好きな、親切な
Wort 単語、言葉
ziehen 引く、描く
Freude 喜び
Leid 悲しみ、苦しみ
immer いつも、ますます

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の歌詞3

Ich musst’ auch heute wandern
Vorbei in tiefer Nacht,
Da hab’ ich noch im Dunkel
Die Augen zugemacht.

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の日本語訳3

私は今日もまた歩かなければいけなかった
夜中に(木の前を)通り過ぎて
そのとき まだ暗かったけど
私は目をつぶった

単語の意味

ドイツ語 意味
müssen 英:must
auch も(also)
heute 今日
wandern ハイキングする、歩き回る
vorbei 通り過ぎて
tief 深い
Nacht
da そこに、そのとき
noch まだ
dunkel 暗い
Auge
zumachen 閉じる、閉める

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の歌詞4

Und seine Zweige rauschten,
Als riefen sie mir zu:
Komm her zu mir, Geselle,
Hier findst du deine Ruh’!

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の日本語訳4

そしたら 枝がざわざわと音を立てた
私に呼びかけるように
ここに 私のところに来なさい、若者よ
ここで君の安らぎが見つかりますよ!

単語の意味

ドイツ語 意味
Zweig
rauschen ざわざわと音を立てる、ざわめく
riefen rufen
kommen 来る
her こちらへ
Geselle 若者
hier ここに(で)
finden 見つける
Ruhe 静けさ、休息、安らぎ

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の歌詞5

Die kalten Winde bliesen
Mir grad’ in’s Angesicht,
Der Hut flog mir vom Kopfe,
Ich wendete mich nicht.

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の日本語訳5

冷たい風が強く吹いた
まっすぐ私の顔に向かって
帽子は私の頭から飛んで行ったけど
私は振り返らなかった

単語の意味

ドイツ語 意味
kalt 寒い、冷たい
Wind
blasen 強く吹く
gerade まっすぐ、ちょうど
Angesicht 顔、見ること
Hut 帽子
fliegen 行く、飛ぶ
Kopf
wenden 裏返す、向きを変える

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の歌詞6

Nun bin ich manche Stunde
Entfernt von jenem Ort,
Und immer hör’ ich’s rauschen:
Du fändest Ruhe dort!

『Der Lindenbaum(菩提樹)』の日本語訳6

今や多くの時間が過ぎて
私はあの場所から遠く離れた場所にいる
でも 私には絶えずあの木のざわめきが聞える
あそこで君は安らぎが見つけられたのに!

単語の意味

ドイツ語 意味
nun 今(now)
manch 多くの
Stunde 時間
entfernt 遠く離れた
jener あの
Ort 場所
immer いつも、絶えず
hören 聞こえる
rauschen ざわざわと音を立てる、ざわめく
finden 見つける
Ruhe 静けさ、休息、安らぎ
dort あそこに