項目 データ
作品名 女学生
作曲者 エミール・ワルトトイフェル
作曲年 1883年

「女学生(Estudiantina waltz)」作品191は、19世紀のフランスの作曲家エミール・ワルトトイフェル(Émile Waldteufel/1837年-1915年)を代表する作品です。

邦題は女学生となっていますが、本来の「Estudiantina waltz」の意味は「学生の楽隊のワルツ」というもので女性を指しているわけではありません。
元々はピアノの連弾用に作曲されましたが、オーケストラ用に編曲され幅広く親しまれています。

 ワルトトイフェルのもう一つの代表作『スケーターズ・ワルツ』は、この『女学生』の前年(1882年)に作曲されています。

音楽一家で生まれたワルトトイフェル

フランス北東部の音楽一家で生まれたワルトトイフェルは、小さいころから音楽の環境下にありました。
順調に勉強を重ね、パリ音楽院に進みます。
そのときの同級生には、マスネやビゼーがいたそうです。

その後、父親のオーケストラがパリで最も有名な楽団に成長し、彼も共に演奏をしました。

30代後半から一気に有名に

20代後半からは宮廷ピアニストも務めたワルトトイフェルでしたが、知名度が高いとは言えませんでした。

そんな彼に変化をもたらしたのは、1874年にエドワード7世(当時英国皇太子)の前で演奏をしたことです。
これにより彼の名はイギリスで一気に広まり、ヴィクトリア女王への御前演奏(バッキンガム宮殿)もおこないます。
こうして30代後半で、ワルトトイフェルは世界的な音楽家へと名を上げました。

 「女学生」は1883年作曲ですので、この絶頂期の頃に書かれた作品ということになります。

ワルトトイフェル「女学生」の演奏

【オーケストラ演奏】

ピアノ無料楽譜

ワルトトイフェル「女学生」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜