「タンブラン(Tambourin)」は、フランスの作曲家ジャン=フィリップ・ラモー(Jean-Philippe Rameau/1683年-1764年)が作曲しました。
彼の作品の中でも、もっとも有名な作品の一つです。

1724年に作曲され、『クラブサン曲集』の第12曲にあたります。

タンブランとは、フランスのプロバンス地方に伝わる民俗太鼓のことです。
または、18世紀に流行したガルーベ(小笛)とタンブランで演奏される2拍子の舞曲も、タンブランと呼ばれます。
この音楽は、ラモーの作品でも見られるように細かい装飾音が特徴です。

フランスバロック音楽で活躍したラモー

ラモーはフランスバロック音楽の音楽家で、年齢的にはバッハやヘンデルの2歳年上に当たります。

 バッハ(1685年-1750年)/ヘンデル(1685年-1759年)

オルガニストととして活躍していたラモーは、40代になるとようやく作曲家として評価されはじめます。
彼は器楽曲や宗教曲も作曲しましたが、オペラも積極的に作曲しました。
しかし、そんな彼に逆風が吹きます。

ブフォン論争

それはペルゴレージの『奥様女中』がフランスで初演(パリ/1752年)されたことが大きなきっかけでした。
ラモーのオペラは、イタリアオペラに比べて不自然」だと非難されたのです。
あの有名なフランスの哲学者ジャン=ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau/1712年-1778年)は、ラモーの音楽を激しく非難したそうです。

これらはいわゆる「ブフォン論争」と呼ばれ、ラモーが亡くなるまで続きました。

 「タンブラン」はラモーがオペラに没頭するようになる少し前の作品です。
この頃のラモーはフランス作曲界で高く評価されており、その後の「ブフォン論争」は想像もしなかったかもしれません。

ラモー「タンブラン」の演奏

ピアノ無料楽譜

ラモー「タンブラン」の無料楽譜(free-scores.com/外部サイト)

免責事項
ダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜