La Partenza(別れ)はジョアキーノ・ロッシーニ(Gioachino Rossini、1792年~1868年)によって作曲されました。
詩はピエトロ・メタスタージオ(Pietro Metastasio、1698年~1782年)によるものです。

La Partenza(別れ)はSerate musicali(音楽の夜会)という12曲から成る歌曲集の3曲目にあたります。
ロッシーニはSerate musicali(音楽の夜会)を1830~1835年に作曲しました。

Ecco quel fiero istanteから始まるこの詩にはモーツアルトやベートーヴェンも曲を付けています。

ここでは、ロッシーニ作曲の「La Partenza(別れ)」の対訳や解説を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

「La Partenza(別れ)」の名演

エヴァ・メイ(Eva Mei、1967 – )
イタリア生まれのソプラノ歌手

「La Partenza(別れ)」の歌詞1

Ecco quel fiero istante:
Nice, mia Nice, addio.
come vivrò ben mio,
così lontan da te?

「La Partenza(別れ)」の対訳1

さぁ あの残酷な時が来た
ニーチェ、私のニーチェよ、さようなら、
どのようにして生きられよう 私の最愛の人よ、
君からこんなに離れてしまって

単語の意味

ecco/さぁ~だ
quel/あの
fiero/残忍な、残酷な
istante/瞬間
Nice/ニーチェさん
mio/私の
addio/さようなら
come/どのようにして
vivere/生きる
bene/良いこと、幸福、最愛の人、恋人
mio/私の
così/このように、こんなに
lontano/遠い、はるかな
da/~から
te/君

「La Partenza(別れ)」の歌詞2

Io vivrò sempre in pene,
io non avrò più bene;
e tu, chi sa se mai
ti sovverrai di me!

「La Partenza(別れ)」の対訳2

私はこれからもずっと苦悩の中で生きるだろう、
私はより良い幸福を持たないだろう、
そして 誰が知るだろう 君がいつか
私を思い出してくれるかどうかということを!

単語の意味

io/私は
vivere/生きる
sempre/いつも、これからもずっと
in/~の中に、~の中で
pena/苦悩、心配
io/私は
non/~ない
avere/持っている、抱える(英:have)
più/もっと多く、もっとたくさん
bene/良いこと、幸福、最愛の人、恋人
e/そして
tu/君は
chi sa/果たして~だろうか
se/もし~、~かどうか
mai/いったい、いつか
ti sovverrai→sovvenirsi/~を思い出す
di/~について
me/私を

「La Partenza(別れ)」の歌詞3

Sempre nel tuo cammino
m'avrai vicino,
e tu, chi sa se mai
ti sovverrai di me!

「La Partenza(別れ)」の対訳3

いつも君の人生の歩みの中で
私は君の側にいるだろう、
そして 誰が知るだろう 君がいつか
私を思い出してくれるかどうかということを!

単語の意味

sempre/いつも、これからもずっと
nel→in+il/~に+定冠詞(英:the)
tuo/君の
cammino/道のり、道、歩み、人生の歩み
m'avrai→mi avere/私に、私を+持っている、抱える(英:have)
vicino/近い、近くの
e/そして
tu/君は
chi sa/果たして~だろうか
se/もし~、~かどうか
mai/いったい、いつか
ti sovverrai→sovvenirsi/~を思い出す
di/~について
me/私を