項目 データ
作品 子供の情景
作曲年 1838年
曲数 13

ローベルト・シューマン(Robert Schumann, 1810年- 1856年)の『子供の情景(Kinderszenen)』は、1838年に作曲されました。

シューマンは"子供のためのピアノ学習用の曲"も作曲していますが、この作品はそうではありません。
あくまで『子供の情景』を描いたもので、一般向けの芸術的作品です。

シューマンと同世代のハンガリー生まれの作曲家リストは、この作品にとても感銘を受けたと言われています。
自身の娘に何度もこの作品を弾いて聞かせたそうです。

全13曲からなり、それぞれに標題が付けられています。
その中でも第7曲の「トロイメライ」は特に有名です。
トロイメライは、日本語では「夢想」「空想」などと訳されます。

 全13曲の標題
第1曲 見知らぬ国と人々について(Von fremden Ländern und Menschen)/第2曲 不思議なお話(Kuriose Geschichte)/第3曲 鬼ごっこ(Hasche-Mann)/第4曲 おねだり(Bittendes Kind)/第5曲 十分に幸せ(Glückes genug)/第6曲 重大な出来事(Wichtige Begebenheit)/第7曲 トロイメライ(Träumerei)/第8曲 暖炉のそばで(Am Kamin)/第9曲 木馬の騎士(Ritter vom Steckenpferd)/第10曲 むきになって(Fast zu ernst)/第11曲 怖がらせ(Fürchtenmachen)/第12曲 眠りに入る子供(Kind im Einschlummern)/第13曲 詩人は語る(Der Dichter spricht)

シューマン「トロイメライ」の演奏

シューマンとクララの苦難の恋

シューマンを語る際に、クララの存在は欠かせません。
大恋愛の末に、シューマンとクララは1840年に結婚します。

しかし、その恋愛は簡単なものではありませんでした。
それはクララの父ヴィークの"大反対"があったからです。

シューマンとクララは最後には裁判まで起こして、ようやく結婚します。

苦難から作品は生まれた!?

『子供の情景』は、シューマンがヴィークからの妨害にあっていた時期の作品です。
この期間には、他にも『ピアノソナタ第1番』『ピアノソナタ第3番』『幻想小曲集』『クライスレリアーナ』『幻想曲』などの傑作が作曲されています。
この結婚までの苦難の連続からくる精神状態が、作曲にも影響を与えたとする評論家もいます。

無料楽譜

シューマン「トロイメライ」の無料楽譜

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

楽譜の購入

その他の作品の楽譜