項目 データ
初演 1853年3月6日 フェニーチェ劇場(ヴェネツィア)
原作 デュマ・フィスの「椿姫」
台本 フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ
演奏時間 1時間50分

『椿姫(La Traviata)』は、ジュゼッペ・ヴェルディ(Giuseppe Verdi/1813年-1901年)によって作曲されたオペラです。
ヴェルディの代表作だけでなく、世界中で最も人気のあるオペラの一つでもあります。

この大人気オペラも、初演は大失敗に終わったそうです。
(※準備不足、ヴィオレッタのミスキャスト、パリの社交界がイタリアでは馴染みがないetc)
しかし、十分に準備された再演では成功をおさめ、徐々に人気を高めていきました。

ここではヴェルディのオペラ『椿姫』のあらすじを紹介したいと思います。

主な登場人物

人物名 備考
ヴィオレッタ(ソプラノ) 高級娼婦、椿姫のこと
アルフレード・ジェルモン(テノール) 青年貴族
ジョルジョ・ジェルモン(バリトン) アルフレードの父親
フローラ(メゾソプラノ) 高級娼婦、ヴィオレッタの友人
アンニーナ(ソプラノ) ヴィオレッタの召使い
ガストン子爵(テノール) アルフレードの友人
ドゥフォール男爵(バリトン) ヴィオレッタのパトロン

『椿姫』の簡単なあらすじ

traviata

時間のない方のための簡単な「30秒あらすじ」
舞台はパリ
青年貴族アルフレードは、パリの社交界の華ヴィオレッタ(高級娼婦)に恋をします。
アルフレードの情熱的な愛で、ヴィオレッタは真実の愛を見つけます。

しかし、アルフレードの父は息子と高級娼婦との恋を認めません。
二人は引き離されてしまいます。

二人は困難を乗り越え最後に出会いますが、そのときヴィオレッタは結核で命を落とす直前でした。
アルフレードの腕の中で、ヴィオレッタは息を引き取りオペラは終わります。

第1幕:『椿姫』のあらすじ

華やかな社交界が開かれている

パリ、ヴィオレッタの家のサロン

華やかな社交界が開かれていいます。
高級娼婦ヴィオレッタは「楽しみこそが苦しみの薬よ。」と歌っています。

ガストン子爵が、友人のアルフレードをヴィオレッタに紹介します。
ガストンはヴィオレッタに小声で「アルフレードはあなたのことをいつも気にかけている。」と告げます。

ヴィオレッタは、純粋なアルフレードに好感を持ちます。
ヴィオレッタのパトロンであるドゥフォール男爵は、それに嫉妬します。

アルフレードが乾杯の音頭を取る

しばらくするとアルフレードが乾杯の音頭を取り、皆で「乾杯の歌」が歌われます。(Libiamo ne' lieti calici)
乾杯が終わると、皆はダンスを踊りに広間へ向かいます。

ヴィオレッタは、突然気分が悪くなり一人休みます。

「Libiamo ne' lieti calici」

アルフレードがヴィオレッタを情熱的に口説く

そこにヴィオレッタを心配したアルフレードが現れ、以下のような二重唱が歌われます。

アルフレード
「気分はどうですか?お身体は大切にして下さいね。」
「あなたが私のものなら、私が守るのに。」
ヴィオレッタ
「誰も私を心配しないとでも?」
アルフレード
「私以外にあなたを愛する人はいません。」
「1年前からあなたを愛しているんだ!」
ヴィオレッタ
「バカバカしいわ。他をあたってください。」

しかしヴィオレッタは、次第にアルフレードに恋心を抱き始めます。
そして帰り際にアルフレードに椿の花を渡します。

ヴィオレッタ
「この花を差し上げるわ。花が枯れたら返して。」
アルフレード
「では、明日お返ししましょう!」
「僕は何て幸せ者なんだ!」

明日、再び会うことを約束してアルフレードは去っていきます。

ヴィオレッタが初めて感じる恋心を歌い上げる

一人になったヴィオレッタは、今まで感じたことのない恋心を抱いていることに気付きます。
(È strano! è strano! in core)

そして真実の愛の喜びと不安が交錯し、
「これは虚しい夢。」
「私は快楽から快楽へと遊べばいいの!」
と歌いあげます。

「È strano! è strano! in core」

しかし言葉とは反対に、本当の心は「アルフレードとの純粋な愛」へと傾いていきます。

第2幕:『椿姫』のあらすじ

アルフレードはヴィオレッタと共に生活しており、その喜びを歌い上げる

パリ郊外の田舎の家

1幕から3ヶ月後

ヴィオレッタは社交界から離れ、アルフレードと一緒に生活を送っています。

アルフレードはヴィオレッタとの暮らしに幸せを感じ、
「ヴィオレッタが、”僕のために生きたい”と言ってくれた。」
「その時から僕は天国にいるようだ!」
と情熱的にアリアを歌いあげます。(De' miei bollenti spiriti)

「Lunge da lei per me non v'ha diletto! / De' miei bollenti spiriti」

「生活が苦しい」ことが判明し、アルフレードはお金の工面にパリへ向かう

そこに女中アンニーナが旅行服を着て登場します。

アルフレードが理由を問いただすと、アンニーナは
「奥様(ヴィオレッタ)に頼まれて、パリまで馬、馬車などを売りに行ってきたんです。」
「ここの生活はお金がかかるから。」
「奥様に口止めされてたんですけど...」
と答えます。

アルフレードは自分もお金の工面をするために、パリへ向かいます。

ジェルモン(アルフレードの父)が、ヴィオレッタに「息子と別れてくれ」と頼む

一人になったヴィオレッタのもとに、「舞踏会の誘いの手紙」が届きます。
しかし、ヴィオレッタはそんな気にはなれません。

そこにアルフレードの父ジェルモンが訪れて来ます。
そして以下のような二重唱が歌われます。

ジェルモン
「高級娼婦のあなたのおかげで、息子は破滅に向かっている。」
「全財産をあなたに譲ろうとしてるというし。」
ヴィオレッタ
「そんなことはありませんわ。本当は秘密にしたいんだけど...」
「(証書を見せ)反対に私の全財産が彼にいくことになっています。」
「過去は忘れました。今は彼を愛しています!」
ジェルモン
「そうか。」
「だが、あなたが息子と付きあっているせいで、娘の縁談が破談になりそうなんだ。」
「辛いかもしれないが、息子と永遠に別れてくれないか?」
ヴィオレッタ
「そんな...私は病魔に侵されていて、命も残り少ないんですよ...」
「せめて私を娘として抱きしめて下さい。」

二人は抱き合い、ヴィオレッタはアルフレードのもとを離れることを決意します。

ヴィオレッタは事情を語らず、アルフレードのもとを去る

ヴィオレッタは戻ってきたアルフレードに
「私はいつもあなたの側にいるわ。」
「あの花を私と同じくらい愛して。」
と泣きながら語ります。

そして事情は話さずに、彼のもとを去っていく。

事情を知らないアルフレードがヴィオレッタに怒り、彼女を追う

アルフレードは「ヴィオレッタからの別れの手紙」に気づき、それを読みます。
事情を知らないアルフレードはヴィオレッタの裏切りに怒り、絶望します。

そこに父ジェルモンが登場し「田舎に帰ってくる」ように諭します。(Di Provenza il mar, il suol)

「Di Provenza il mar, il suol」

しかし、怒りに満ちたアルフレードは父親を突き返し
「復讐だ!」
と叫び、ヴィオレッタの後を追います。

パリの社交界に、アルフレードもヴィオレッタも参加している

フローラ邸の広間

ヴィオレッタがパリの社交界を引退した後、社交界の主役はフローラへと移っています。
フローラ邸では仮装パーティが開かれ、ヴィオレッタもアルフレードも招待されています。

皆は「アルフレードとヴィオレッタが別れた。」と噂し、
アルフレードは「ヴィオレッタなんて知らないよ。」と話します。

しばらくするとアルフレードはカードゲームで賭けを始めます。

アルフレードは
「恋で不幸だった分、賭けには幸運が舞い込むよ!」
と破竹の勢いで勝ち続けます。

ヴィオレッタが「パトロンを愛している」と嘘をつき、アルフレードを断る

ヴィオレッタは途中からカードゲームを見ています。
カードゲームが終わると、ヴィオレッタとアルフレードが言葉を交わします。

アルフレード
「僕と一緒にいこう。」
ヴィオレッタ
「それはできません。神聖な誓いをたてたので...」
アルフレード
「誰にだ!?男爵(パトロン)か!?」
ヴィオレッタ
「(本当は父だが、嘘をついて)そうです。」

アルフレード
「男爵を愛しているのか?」
ヴィオレッタ
「(嘘)ええ。」

嫉妬に狂ったアルフレードが、ヴィオレッタを罵倒する

怒ったアルフレードは、皆を呼び出し、
「彼女は私のために全財産を投げ出した。」
「今、その借りを返す!」
と言い、ヴィオレッタに「賭けで勝った金」を投げつけます。

様々な思いが交錯する

ヴィオレッタが気絶し、皆はアルフレードを責めます。
そこに父ジェルモンも現れ、息子アルフレードを責め立てます。

複雑な思いが交錯し、
アルフレード
「嫉妬でとんでもないことをしてしまった。」
ヴィオレッタ
「あなたは知らないだろうけど、私は死んでもあなたを愛します。」
合唱
「皆が同じ苦しみをかかえている...」
2幕の幕が下ります。

第3幕:『椿姫』のあらすじ

ヴィオレッタは病に倒れ、死期が迫っている

パリ、ヴィオレッタの家の寝室

2幕から数か月後

ヴィオレッタは病が悪化し、死が目前に迫っています。
医者は「もう長くはないでしょう。」と告げ、去っていきます。

一人になったヴィオレッタは、ジェルモンからの手紙を読んでいます。
そこには「真実を知ったアルフレードがあなたを訪れるでしょう。」と書いてあります。

ヴィオレッタは「もう遅いわ。喜びも悲しみも、もうすぐ終わるわ。」と嘆きます。

すべてを知ったアルフレードがヴィオレッタのもとに現れ、愛の二重唱が歌われる

そこにアルフレードが駆けつけて来て、ヴィオレッタとアルフレードの二重唱が歌われます。

アルフレード
「愛する人よ。許してくれ!君なしでは生きていけない。」
ヴィオレッタ
「生きているうちに会えたわ。悪いのは私よ。」
二人
「パリを離れて一緒に暮らそう。」(Parigi, o cara)

「Parigi, o cara」

ヴィオレッタ
「神様にお礼を言いに教会に行きましょう。」

ヴィオレッタがふらつきます。

アルフレード
「大丈夫!?顔色が悪いよ。」
ヴィオレッタ
「大丈夫。私、笑ってるでしょ?」
「教会に行きましょう。」

しかし弱っているヴィオレッタは歩くことができません。

ヴィオレッタ
「私、こんなに早く死んでしまうのね。」
「愛は悲しい結末を迎えるのかしら。」
アルフレード
「君の涙は、僕の涙だ!希望を捨てないで!」

ついにヴィオレッタは倒れ込みます。

皆が見守る中で、ヴィオレッタが息を引き取る

アンニーナが医者を連れてきます。
ジェルモンも駆けつけ、ヴィオレッタに許しを請います。

アルフレードとジェルモンが深く後悔する中、
ヴィオレッタが最後に
「痛みが消えたわ... 私、生きられるのね!」
「ああ、何て喜び!」
と叫び、息絶え、オペラが終わります。

ヴェルディ『椿姫』の映像

マゼール&ミラノ・スカラ座、ゲオルギュー、ヴァルガス
2007年、ミラノ・スカラ座でのライブ録音です。
スタンダードな演出で、オペラを高音質・高画質で楽しめます。
もちろん録音状態だけでなく、ゲオルギュー(ヴィオレッタ)、ヴァルガス(アルフレード)、フロンターリ(ジェルモン)ら豪華出演陣の演奏も素晴らしいです。
「1枚目の椿姫」にはもってこいの映像だと思います。

役名等 演奏
ヴィオレッタ アンジェラ・ゲオルギュー
アルフレード ラモン・ヴァルガス
ジェルモン ロベルト・フロンターリ
フローラ ナターシャ・ペトリンスキー
アンニーナ ティツィアーナ・トラモンティ
ガストン エンリーコ・コッスッタ
演奏 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
指揮 ロリン・マゼール