題名 エルナーニ
初演 1844年3月9日 フェニーチェ劇場(ヴェネツィア)
原作 ヴィクトル・ユーゴーの同名の戯曲
台本 フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ
演奏時間 2時間10分

『エルナーニ(Ernani)』は、ジュゼッペ・ヴェルディ(Giuseppe Verdi/1813年-1901年)の初期のオペラです。
5作目となるこのオペラは、彼の初期のオペラの傑作として知られています。

初演は歌手陣の不調も跳ね返し、成功を収めたそうです。
この頃からヴェルディの名声はヨーロッパの国々へと広まるようになってきます。
そして、ヴェルディと台本作家ピアーヴェの名コンビはここから始まっていきます。

 台本を書いたピアーヴェは、その後『アッティラ』『マクベス』『イル・コルサーロ』『スティッフェーリオ』『リゴレット』『椿姫』『シモン・ボッカネグラ』『運命の力』といったヴェルディのオペラの多くを担当しました。

ここではヴェルディのオペラ『エルナーニ』のあらすじを紹介したいと思います。

主な登場人物

登場人物 詳細
エルナーニ(テノール) 山賊の首領。元々はドン・ジョヴァンニという名の貴族。
ドン・カルロ(バリトン) スペイン王、後の神聖ローマ皇帝
ドン・ルイ・ゴメス・デ・シルヴァ(バス) スペイン大公
ドンナ・エルヴィーラ(ソプラノ) シルヴァの姪。エルナーニと相思相愛だが、シルヴァと婚約している。
ジョヴァンナ(ソプラノ) エルヴィーラの乳母
ドン・リッカルド(テノール) カルロの従者
ヤーゴ(バス) シルヴァの従者

『エルナーニ』簡単なあらすじ

時間のない方のための簡単な「30秒あらすじ」

エルナーニ(山賊、元貴族)、シルヴァ(エルヴィーラの叔父)、カルロ(後に神聖ローマ皇帝)がエルヴィーラの恋の取り合いをします。
紆余曲折ありましたが、相思相愛だったエルナーニとエルヴィーラは、カルロから結婚の許可を得ます。
しかし、シルヴァはエルナーニに復讐心を燃やします。

 シルヴァは「エルナーニにとって命の恩人」で、エルナーニは「シルヴァが角笛を吹けば自害する」という約束を交わしていました。

二人の結婚の祝宴の中、シルヴァが現れ角笛を吹きます。
エルナーニは自害し、シルヴァが復讐の勝利を叫びオペラが終わります。

第1幕(山賊):『エルナーニ』あらすじ

エルナーニが恋人エルヴィーラの誘拐を決意する

アルゴンの山中
かつて貴族だったエルナーニは、父がドン・カルロに敗れたため、山賊の首領となっています。

エルナーニはエルヴィーラと相思相愛の関係です。
しかし、エルヴィーラがシルヴァ(エルヴィーラの叔父)と結婚することを知り悲しんでいます。

そこでエルナーニは、エルヴィーラを誘拐することを決意します。(Mercé diletti amici)

『Mercé diletti amici』

山賊たちも誘拐に協力し、皆はエルヴィーラの住むシルヴァの城へ向かいます。

ドン・カルロ(スペイン王)がエルヴィーラを口説く

シルヴァの城(エルヴィーラの部屋)
エルヴィーラが「あの老いぼれ(シルヴァ)め!エルナーニ、私を助けて!一緒に逃げましょう!」と歌っています。(Surta è la notte...Ernani! Ernani involami)

『Surta è la notte...Ernani! Ernani involami』

そこにドン・カルロ(スペイン王)が突然現れます。

 ドン・カルロもエルヴィーラに恋をしています。

カルロはエルヴィーラに愛人になるように口説きますが、エルヴィーラは一切受け入れません。

カルロとエルナーニが鉢合わせ

続いて、そこにエルナーニが現れ、カルロと鉢合わせになります。

カルロが「恥ずべき山賊め、立ち去れ!」と怒ると
エルナーニも負けじと「父はお前に殺された。愛と憎しみではお前と私は平等だ!」と立ち向かいます。

三人の男(カルロ、エルナーニ、シルヴァ)が鉢合わせ

二人が一触即発の状況になったところに、今度はシルヴァも現れます。

シルヴァは「なんで私の婚約者の側に二人の男がいるんだ!?お前を信じてたのに…私は不幸だ。」と嘆きます。(Che mai veggio...Infelice! e tuo credevi)

『Che mai veggio...Infelice! e tuo credevi』

シルヴァは怒りを覚えますが、『誘惑者の一人がスペイン王(カルロ)』だと知り驚きます。
シルヴァは王を前に復讐心を抑えます。

そしてカルロの命で、エルナーニは放免となりその場を立ち去ります。

第2幕(客人):『エルナーニ』あらすじ

シルヴァとエルヴィーラの結婚の祝宴に、エルナーニが割って入る

シルヴァの城の大広間
シルヴァとエルヴィーラの結婚が祝われています。

そこに巡礼者に変装したエルナーニが入ってきます。
エルナーニは変装を解くと、シルヴァに「婚礼の贈り物として、賞金首となっている私の首を差し上げよう!」と語ります。

シルヴァは理性を失ったエルナーニに対し「私はそのようなことはしない。」と告げ、立ち去ります。

シルヴァが「エルヴィーラとエルナーニの愛」に激怒する

やがてエルヴィーラとエルナーニの二人きりになります。
エルヴィーラが「あなたが死んだという噂があったのよ。それに私は自害するつもりだったわ。」と告げると、二人の誤解は解けます。

二人は抱き合い愛を歌いますが、その二人の姿を見たシルヴァが怒って入ってきます。

カルロが現れ、エルヴィーラを連れ去る

続いて、そこに『王(カルロ)の到着』の知らせが入ります。
シルヴァは「復讐をこの手にとっておくぞ。」と語り、エルヴィーラを秘密の部屋に隠します。

カルロはエルナーニがいることを感ずき、エルナーニを探します。
しかし、なかなか見つかりません。
カルロは「シルヴァがエルナーニの居場所を教えない」ことに怒り、代わりにエルヴィーラを連れ去っていきます。

シルヴァとエルナーニが「カルロへの復讐」を誓う

カルロが去ると、シルヴァはエルナーニに決闘を申し込みます。
しかしエルナーニは「恩人は殺せません、私を殺してください。ですが最後にエルヴィーラに一度会わせてください。」と語ります。
さらにエルナーニは「一緒にカルロに復讐した後に、私を殺してください。」「この角笛を吹けば、私はすぐに死にます。」と告げ、シルヴァに角笛を足します。

 シルヴァが「エルナーニの命」を預かった形となり、シルヴァは角笛を吹くことで「エルナーニの命」を絶つことができます。

そしてシルヴァとエルナーニは共闘し、カルロに復讐することを誓います。

第3幕(慈悲):『エルナーニ』あらすじ

反逆者(エルナーニ、シルヴァら)がカルロ暗殺に向かう

カルロ大帝の墓の地下
カルロは神聖ローマ皇帝の選定を待っています。
カルロは「この墓の上であいつらは私を暗殺しようとしている。しかし私が皇帝に選ばれれば、私はあの玉座に座るのだ!」と歌い、祖先の墓へと入っていきます。(Gran' Dio!... Oh, de'verd'anni miei)

『Gran' Dio!... Oh, de'verd'anni miei』

やがて「カルロが神聖ローマ皇帝になる前に殺してしまおう。」と、カルロの反逆者たちが集まってきます。

 反逆者にはエルナーニ、シルヴァらの姿もあります。

抽選の結果、エルナーニに暗殺の役目が与えられます。
そして皆は「イベリアは英雄で満ちて、奴隷から解放されるのだ!」と鼓舞し合います。(Si ridesti il Leon di Castiglia)

『Si ridesti il Leon di Castiglia』

カルロが皇帝に選ばれ、反逆者が捕えられる

そのとき「カルロが神聖ローマ皇帝に選ばれた」知らせが入ります。
皇帝に選ばれたカルロが現れると、反逆者(エルナーニ、シルヴァなど)は捕えられ「打ち首」が命じられます。

そこにエルヴィーラが現れ、「お許しを!慈悲こそが美徳です!」と反逆者たちの恩赦を求めます。

エルナーニとエルヴィーラの結婚が認められ、シルヴァが復讐心を燃やす

カルロは祖先の墓をみつめ「私は徳を受け継ぐ」と語ると、一転してエルナーニとエルヴィーラの結婚を認めます
皆が新しい皇帝(カルロ)を称える中で、シルヴァだけが復讐心を燃やします。

第4幕(仮面):『エルナーニ』あらすじ

エルナーニとエルヴィーラの婚礼に、シルヴァが現れる

アラゴンにあるドン・ジョバンニの宮殿

 ドン・ジョバンニとはエルナーニのことです。
エルナーニはかつては貴族でドン・ジョバンニと名乗っていました。

エルナーニとエルヴィーラの婚礼の祝宴が開かれています。
そこには黒い服に身をまとった仮面の男(シルヴァ)の姿もあります。

エルナーニとエルヴィーラが愛を語りあっていると、遠くから角笛の音が聞こえます。
そしてエルナーニが一人になったところに、シルヴァが現れます。

エルナーニが息絶え、シルヴァが復讐を喜ぶ

シルヴァは「角笛を聞いたらお前は死ぬ約束だ。短剣か毒薬かどちらかを選べ。」とエルナーニに告げます。
駆けつけたエルヴィーラが恩赦を求めますが、シルヴァは聞く耳を持ちません。

エルナーニは共に死のうとするエルヴィーラを制止し、自らに短剣を突き刺します。
エルナーニは息絶え、エルヴィーラはショックのあまり気絶します。

そしてシルヴァが復讐を喜ぶ中で、オペラが終わります。